日経不動産マーケット情報トップ > レポート一覧

市場分析レポート・ディレクトリ

各社・研究機関の不動産市場に関する調査レポートを発表日順に掲載しています。要約等の掲載にあたり正確性に細心の注意を払っていますが、その記述内容について日経BP社が保証するものではありません。内容についてご不明な点は発行元にお問い合わせください。なお発行元の都合により原レポートへのリンクが切れる、あるいは別のレポートにリンクされる場合があります。

  • RSS

テーマで選ぶ:

発行元で選ぶ:

発表日で選ぶ: 月 ~ 月 

レポート一覧

【調査】店舗賃料は前年比同額を維持、C&W

■トッププライムリテール賃料@2019年第3四半期
 ▼銀座:40万円(YoY±0%)
 ▼新宿:32万円(YoY±0%)
 ▼表参道:30万円(YoY±0%)
 ▼渋谷:20万円(YoY±0%)

※賃料は坪あたり月額。第3四半期は7月~9月。YoYは前年同期比

【分析】竣工予定のオフィスビルはすでに高い内定率に、Colliers

景気の先行き不透明感が増し、東京オフィス市場の先行きを示す指標はおおむねピークに近い状態にある。その一方で、建設中のオフィスビルの竣工予定年度別内定率は、2020年度が82%、2021年度が25%を上回っている。当面、空室率は2.0%を下回り、賃料は3.0%程度で安定的に上昇していくというのがメインシナリオだ。こうした状況のなかテナントに対しては、不動産関連の総コストを最小限に抑制するため、新たに生まれつつある各種不動産の利用方法を前向きに検討することを推奨する。一方、貸し主に対する推奨事項は、中小ビルのリニューアルに注力して市場平均を上回る賃料上昇を実現することだ。また投資家は、サブマーケットごとのパフォーマンスがさらに多様化していることから、すでに明確となりつつあるエリア・プレミアムに重点を置いた投資を検討すべきだろう。

【調査】首都圏マンション発売戸数がYoY2割減、不動産経済研

■首都圏分譲マンション市場@2019年度上半期
 ▼発売:1万1996戸(YoY-21.7%)
 ▼契約率平均:64.6%(YoY-0.6ポイント)
 ▼価格:戸あたり6006万円(YoY+4.2%)、m2あたり90万1000円(YoY+4.9%)
 ▼9月末販売在庫数:6780戸(YoY+12.1%)

※上半期は4月~9月。YoYは前年同期比

【調査】新築マンション契約率が50%台に急落、不動産経済研

■首都圏分譲マンション市場@2019年9月
 ▼発売:2359戸(YoY-30.0%、MoM+29.7%)
 ▼契約率:56.8%(YoY-9.7ポイント、MoM-18.6ポイント)
 ▼価格:戸あたり5991万円(YoY+16.6%)、m2あたり91.3万円(YoY+14.1%)
 ▼販売在庫数:6780戸(YoY+730戸、MoM+32戸)

※YoYは前年同月比、MoMは前月比

【調査】アジア太平洋のホテル投資額は45億ドル、JLL

■アジア太平洋地域におけるホテル投資額@2019年上半期
 45億ドル
  ▼日本:11億4000万ドル ※域内最高額
  ▼中国:11億ドル ※域内2位
  ▼オーストラリア:3億8820万ドル

※上半期は1月~6月

【分析】REITのESG開示情報を効率的に把握、三井住友トラスト基礎研

近年、REITにおいてもESG(環境、社会、ガバナンス)に関する情報開示の重要性の認識は高まっており、開示される情報量も急速に増大している。2019年9月時点でREIT市場には63銘柄が上場しており、そのすべての開示情報を網羅的にチェックし、ESG関連情報を抽出する作業負担は急速に増加しつつある。また、このような定性的な情報の分析では分析者によって結果が異なってしまうことも多い。そこでテキストマイニング手法を使い、全体の傾向を客観的に分析することが可能か否かを検証した。その結果、この手法を使い、テキスト情報に含まれる単語の出現頻度とその共起関係に注目して構築したネットワーク図から、全文章を読んで得られた感覚とおおむね同様の傾向が得られることが分かった。本手法により、各投資法人のESGへの取り組みの変化を効率的かつ一定の客観性を持って把握できる可能性があり、評価プロセスの効率化への寄与が期待できる。

【調査】日本のファンドによるアウトバウンド投資が急増、CBRE

■日本発のアウトバウンド投資額@2019年上半期
 19億ドル(YoY 3倍程度)
  ▼投資先地域別内訳:アジア9億3000万ドル/米州9億ドル/EMEA7000万ドル
  ▼投資家主体別内訳:不動産会社・商社10億ドル弱/ファンド8億2000万ドル
※EMEAは欧州・中東・アフリカ。YoYは前年比

【調査】オフィス価格指数がYoY+14.9%と急伸、国交省

■不動産価格指数(住宅総合)@2019年6月
 113.6(YoY+1.5%)
  ▼タイプ別:住宅地101.1(YoY+0.3%)/
        戸建て住宅101.7(YoY-0.9%)/
        マンション(区分所有)145.5(YoY+2.5%)
■不動産価格指数(商業用不動産総合)@2019年第2四半期
 121.9(YoY-1.1%)
  ▼建物付き土地総合:134.3(YoY+2.4%)
   ●タイプ別:店舗145.2(YoY+7.1%)/
         オフィス153.2(YoY+14.9%)/
         倉庫105.0(YoY-17.4%)/工場111.7(YoY+6.1%)/
         マンション・アパート(一棟)131.9(YoY-1.9%)
  ▼土地総合:102.7(YoY-0.5%)
   ●タイプ別:商業地101.2(YoY-1.6%)/
         工業地104.1(YoY+0.7%)

※YoYは前年同月比。第2四半期は4月~6月

【調査】半年後も好況との投資家判断が持続、ARESと早大

■自社の業況@2019年6月
 ▼最近:良い74%/さほどよくない26%/悪い0%
 ▼半年後:良い70%/さほどよくない30%/悪い0%
■不動産市況@2019年6月
 ▼最近:良い85%/さほどよくない15%/悪い0%
 ▼半年後:良い77%/さほどよくない23%/悪い0%

※2019年6月に330社にアンケートを配布して49社が回答(回答率14%)

【調査】空室率は当面1%未満が続く見込み、三幸エステート

■都心5区大規模オフィスビル市況@2019年9月
 ▼空室率:0.70%(MoM-0.01ポイント) ※当面1%未満が続く見込み
 ▼募集賃料:3万613円(MoM+138円) ※緩やかな上昇傾向が続く
 ▼現空面積:4万8874坪(MoM-56坪)
 ▼募集面積:22万2623坪(MoM+4293坪)

※募集賃料は坪あたり月額(共益費込み)。MoMは前月比

【調査】都心5区マンション賃料がQoQマイナスに、サヴィルズ

■賃貸住宅募集賃料@2019年第3四半期
 ▼東京23区:4045円(YoY+6.9%、QoQ+0.7)
 ▼都心5区:4748円(YoY+4.9%、QoQ-0.6%)

※賃料はミッドマーケットの1m2あたり月額。第3四半期は7月~9月。YoYは前年同期比、QoQは前期比

【調査】空室率が小幅低下、三鬼商事

■都心5区オフィス空室率@2019年9月
 1.64%(YoY-0.69ポイント、MoM-0.07ポイント)
  ▼新築ビル:6.19%(YoY+1.20ポイント、MoM-1.45ポイント)
  ▼既存ビル:1.56%(YoY-0.70ポイント、MoM-0.03ポイント)
■都心5区オフィス平均募集賃料@2019年9月
 2万1855円(YoY+1417円、MoM+71円) ※69カ月連続上昇
  ▼新築ビル:3万240円(YoY+1175円、MoM+321円)
  ▼既存ビル:2万1601円(YoY+1430円、MoM+68円)

※平均募集賃料は坪あたり月額。YoYは前年同月比、MoMは前月比

【調査】東京Aグレード空室率が2四半期連続1%未満、JLL

■東京Aグレードオフィス賃貸市場@2019年第3四半期
 ▼空室率:0.6%(YoY-0.9ポイント、QoQ-0.15ポイント) ※2四半期連続1%未満
 ▼賃料:3万9536円(YoY+5.0%、QoQ+0.7%) ※30四半期連続上昇
■東京Bグレードオフィス賃貸市場@2019年第3四半期
 ▼空室率:0.3%(YoY-0.4ポイント、QoQ±0.0ポイント) ※6四半期連続1%未満
 ▼賃料:2万5098円(YoY+6.2%、QoQ+1.6%) ※27四半期連続上昇

※第3四半期は7月~9月。賃料は坪あたり月額(共益費込み)。YoYは前年同月比、QoQは前四半期比

【調査】A・Bビルとも空室率が低下し賃料が上昇、サヴィルズ

■都心5区グレードAオフィス市場@2019年第3四半期
 ▼成約賃料:3万6386円(YoY+6.7%、QoQ+0.8%)
 ▼空室率:0.2%(YoY-0.4ポイント、QoQ-0.1ポイント)
■都心5区大規模グレードBオフィス市場@2019年第3四半期
 ▼成約賃料:2万7904円(YoY+7.0%、QoQ+1.0%)
 ▼空室率:0.3%(YoY-0.2ポイント、QoQ-0.1ポイント)

※成約賃料は坪あたり月額。第3四半期は7月~9月。YoYは前年同期比、QoQは前期比

【調査】2019年上半期取引額は1兆8000億円、不動研

■不動産取引市場@2019年上半期
 約1兆8000億円 ※2018年下半期とおおむね同水準
  ▼地域別割合:都心5区約40%/ほか18区約15%/23区を除く1都3県約15%など

※上半期は1月~6月

【調査】都市5区マンション賃料がQoQマイナスに、サヴィルズ

■賃貸住宅募集賃料@2019年第3四半期
 ▼東京23区:4045円(YoY+6.9%、QoQ+0.7)
 ▼都心5区:4748円(YoY+4.9%、QoQ-0.6%)

※賃料はミッドマーケットの1m2あたり月額。第3四半期は7月~9月。YoYは前年同期比、QoQは前期比

【調査】アジア太平洋地域で東京が投資額トップに、C&W

■不動産投資額世界都市別ランキング@2018年7月~2019年6月
 1位ニューヨーク/2位ロサンゼルス/3位サンフランシスコ/4位ロンドン/5位パリ
■不動産投資額アジア太平洋地域都市別ランキング@2018年7月~2019年6月
 1位東京/2位香港/3位ソウル/4位シドニー/5位上海

【調査】東京オフィス空室率の低下続く、ビルディング企画

■都心5区オフィス市況@2019年9月
 ▼空室率:1.98%(MoM-0.01ポイント) ※3カ月連続低下
 ▼推定成約賃料:2万1940円(MoM+20円) ※3カ月連続上昇
■名古屋2区オフィス市況@2019年9月
 ▼空室率:1.42%(MoM-0.26ポイント) ※3カ月ぶりに低下
 ▼推定成約賃料:1万1578円(MoM-245円) ※4カ月ぶりに低下
■大阪4区オフィス市況@2019年9月
 ▼空室率:1.24%(MoM-0.13ポイント) ※5カ月連続低下
 ▼推定成約賃料:9795円(MoM-118円) ※2カ月ぶりに低下

※名古屋2区は中区、中村区。大阪4区は北区、中央区、西区、淀川区。推定成約賃料は坪あたり月額(共益費込み)。MoMは前月比

【調査】上半期倒産件数が5年ぶりにYoYプラス、東京商工リサーチ

■不動産業倒産状況@2019年度上半期
 ▼件数:119件(YoY+3.47%、HoH-6.29%) ※5年ぶりにYoYプラス
 ▼負債総額:217億8700万円(YoY-50.92%、HoH-46.07%)

※集計対象は負債額1000万円以上。上半期は4月~9月。YoYは前年同期比、HoHは前期比

【調査】9月の不動産業倒産件数は2019年中最小に、東京商工リサーチ

■不動産業倒産状況@2019年9月
 ▼件数:14件(YoY+100.00%、MoM-30.00%) ※2019年で最小件数
 ▼負債総額:22億6200万円(YoY+31.81%、MoM-41.83%)

※集計対象は負債額1000万円以上、YoYは前年同月比、MoMは前月比

【分析】ASEAN6カ国へのアウトバウンド投資に向けて、Colliers

ASEAN(東南アジア諸国連合)諸国は、クロスボーダー投資全般やアジア域内投資の増加が相まって、海外投資家からの強い関心を集めるようになってきた。投資家にとって目下の課題は、いかに市場に参入し、不合理に大きなリスクにさらされることなく十分な利益を確保するかだ。しかし、これは当然、“言うは易く行うは難し”であり、新市場への投資を判断する前に、まずは新市場の基本的な事項を慎重に検討する必要がある。そこで東南アジア6カ国に関し、ビジネスチャンス、土地所有権の枠組み、税制などを整理した。そのうえで、今後1年~2年で注目が集まりそうなセクターやロケーションをまとめた。

【調査】東証REIT指数の上昇続く、東京海上AM

■東証REIT指数@2019年9月末
 MoM+4.54%(配当込みベースでは同+4.72%)
  ▼上旬:上昇(日銀の金融緩和政策の長期化が避けられない状況から)
  ▼中旬:底堅い展開(長期金利が低下に転じたため)
  ▼下旬:上昇(低金利環境で安定した分配金が期待できるREITへの投資ニーズが拡大)
■当面の市場見通し(10月以降)
  ▼底堅い相場展開が続く(長期金利の低位継続と良好な需給環境期待から)
  ▼賃料上昇の恩恵を受けやすい銘柄や分配金の成長が見込める銘柄への買いが入りやすい

※MoMは前月比

【調査】グーグルが千葉でデータセンター用地を取得、C&W

■大規模データセンターの主要な建設動向など
 IIJ「白井DCC」、面積1万2100坪、2019Q2竣工
 KDDI「TAMA5」、面積1149坪(推定)、2020Q2竣工予定
 SoftBank「府中」、面積1万1148坪、2020Q2竣工予定
 Equinix「TY12」、面積843坪、2020Q4竣工予定
 Colt「印西3」、面積1512坪、2020Q4竣工予定
 MCデジタル・リアルティ「NRT10」、面積6050坪(推定)、2021Q2竣工予定
 Google「グッドマンビジネスパーク内」、面積非公開、2019年5月建設用地取得

【分析】日本企業の海外投資事例が増加、三井住友トラスト基礎研

日本企業による海外不動産投資が広がりをみせており、投資事例が積み上がっている。背景としては、日本国内の不動産需要の減退に対する警戒感や海外不動産に関する情報の増加、分散投資ニーズの高まりなどが考えられる。米国、シンガポール、中国、英国、オーストラリアが主要な投資先になっている。加えて、タイやベトナム、インドネシアなどでも住宅開発に参入する日本企業が増えている。世界の不動産投資市場において、日本企業の存在感は薄いが、徐々に海外不動産への投資が浸透し、投資先となる国・地域、アセットタイプにも広がりが出るだろう。

【分析】シェアオフィスの立地による利用効果の違いを検証、ザイマックス不動産総研

時間や場所にとらわれない多様な働き方を実現できる環境が整いつつあるなか、働く場所の選択肢を持つことの有効性を、主に都心部/周辺部という観点から検証した。まず通勤がワーカーに与える影響については、(1)片道通勤時間が45分以上になると「毎日楽しく働けている」と感じる確率にマイナスの影響がある、(2)周辺部から都心部への通勤は通勤時間に関わらず逆方向よりストレスが強くなる可能性がある、の2点が確認できた。次にシェアオフィス利用者を対象に最も利用する拠点が都心部か周辺部かに分けてアンケート調査したところ、都心型ユーザーは営業職が多く、周辺型ユーザーは家族と同居している人が多いという結果が出た。1回あたりの平均利用時間は、都心型の2.3時間に対して周辺型は3.6時間と長く、周辺型では「8時間以上」という回答も16%に達している。シェアオフィスの利用効果については、利用1回あたりの平均時短効果は、都心型が51.0分で、周辺型が64.1分。時短以外にも、「ストレスが減った」、「家族との時間が増えた」、「仕事の成果が向上した」など多くの項目で、周辺型の方が都心型より効果を感じている結果となった。

【調査】東証REIT指数の上昇続く、東証

■東証REIT指数@2019年9月末時点
  2177.18(MoM+94.54ポイント)
■日本銀行による買い入れ@2019年9月
  2回24億円(累計買い入れ額5328億円)
■各投資法人の動向@2019年9月
  ラサールロジポート投資法人、ヒューリックリート投資法人、アドバンス・
  レジデンス投資法人、三菱地所物流リート投資法人が公募増資を発表

※MoMは前月比

【分析】東証REIT指数に影響する要因は何か、ニッセイ基礎研

東証REIT指数のトータルリターンを株式市場、債券市場、不動産市場の三つの要因に分解し、指数の上昇・下落に対するそれぞれの寄与度を調べた。この結果、通期ではこれらの要因が東証REIT指数のリターンに影響を与えていたことが確認できた。ただし、マイナス金利の導入前に比べて導入後はこれらの要因の説明力は低下した。この期間、東証REIT指数の上昇には、外国人投資家によるREITの買い越しが大きく影響していた。その背景としてはREITと10年国債利回りのスプレッドが海外よりも大きかったことが考えられる。一方、足元では海外の10年国債利回りの低下によって日本と海外のイールドスプレッドの差は縮小し、外国人投資家は売り越しに転じている。株式市場、債券市場、不動産市場に加え、外国人投資家の動向や各国の金融政策に注目したい。

【調査】1人あたりオフィス面積が最小に、ザイマックス不動産総研

■東京23区1人あたりオフィス賃借面積(中央値)@2019年4月
 3.71坪(YoY-0.14坪) ※2008年以降で最小
  ▼新規テナント:3.34坪(YoY-0.48坪)
  ▼継続テナント:3.76坪(YoY-0.11坪)

※YoYは前年同月比

【調査】店舗賃料ランキングで銀座が1位返り咲き、不動研とBAC

■商業エリアの募集賃料ランキング@2019年上半期
 1位:銀座(7万5200円、HoH+33%) ※前回2位
 2位:表参道(5万2400円、HoH-14%) ※前回1位
 3位:渋谷(4万5200円、HoH+5%)
 4位:新宿(4万2500円、HoH+19%)
 5位:横浜(3万7300円、HoH+88%) ※前回11位

※賃料は1階坪あたり月額。対象は主要商業13エリア。上半期は1月~6月

【分析】11のテーマが不動産に与える影響を考察、ザイマックス不動産総研

不動産および不動産ビジネスを変える可能性がある世の中の変化をテーマとして取り上げ、その影響を考察した。テーマとして取り上げるのは以下の11だ。(1)多様化する価値観、(2)人手不足、(3)働き方改革、(4)国際化・外国人との共生、(5)データ社会、(6)テクノロジーの進歩、(7)都市と地方、(8)建物ストックの老朽化、(9)自然災害、(10)環境問題、(11)メガイベント。このうち、例えば(1)多様化する価値観の影響については、不動産においても少品種大量生産から多品種少量生産の時代が到来しているとみることができそうだ。多様化する価値観のコアなニーズを捉え、従来の固定的なサービスに加えて柔軟に対応できるサービスの開発・提供がますます重要になってくるだろう。

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ > レポート一覧