閉じる

キーワード:IT

  • キーワード

    ダークウェブ(Dark Web)

     特別なツールを使わないとアクセスできないWebサイトやWebサービスの総称。銃や危険ドラッグ、マルウエア、不正に取得されたクレジットカード情報など違法な品や情報の取引に使われることが多く、インターネットのヤミ市とも称される。

  • 3分でわかる必修ワード IT

    3分でわかる Python

     Pythonは、特にAI(人工知能)分野のシステム開発に使いやすいとされ人気が高まっているプログラミング言語だ。

  • 3分でわかる必修ワード IT

    3分でわかる ハイブリッドクラウド

     ハイブリッドクラウドは、パブリッククラウドとオンプレミス(自社所有)環境を接続したシステム基盤のこと。両者をネットワークで結び、オンプレミス環境の延長としてパブリッククラウドを利用する。

  • キーワード

    量子コンピューター(Quantum Computer)

     量子力学を応用し、単一の電子回路上で数多くの演算を並列処理できるようにして高速処理を実現したコンピューター。現行のコンピューターは1ビットを表現する回路に「0」か「1」のどちらかをセットして演算する。量子コンピューターの演算は「0」と「1」の両方が重ね合わさった状態を作り出せる「量子ビット」と呼ぶ…

  • 3分でわかる必修ワード IT

    3分でわかる EMV

     EMVは、Europay International(現在は米Mastercardに統合)、Mastercard、米Visaにより標準化された、不正被害を抑え込むための決済用ICカード(接触ICカード、非接触ICカード)の仕様である。

  • キーワード

    プラットフォーマー規制(Platformer Regulation)

     GAFAと呼ばれる米国の巨大IT企業(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム)などを対象にした新たな法規制を指す。GAFA以外にも様々なプラットフォームを提供する国内外のIT企業が対象となりうる。

  • 電子行政:キーワード

    EBPM

    Evidence Based Policy Making

     EBPM(Evidence Based Policy Making)とは、客観的な証拠(エビデンス)を活用して、政策の効果的・効率的な決定・運営を目指す取り組みです。欧米に続いて、近年は日本国内でも関心が高まっています。

  • 3分でわかる必修ワード IT

    3分でわかる データレイク

     データレイクは、使う可能性がある多様なデータを何でもため込んでおくストレージのこと。一般には、コストが比較的安価なパブリッククラウドサービスのオブジェクトストレージを使うケースが多い。

  • 3分でわかる必修ワード IT

    3分でわかる PFM

     PFM(個人資産管理)は、複数の銀行や証券会社、クレジットカード会社などの金融機関が持つ自分の取引明細データを、本人がスマートフォンなどで一括管理できるサービスのこと。2012年ごろからFinTech革命の波に乗って、PFM専門のスタートアップが続々と登場した。

  • キーワード

    サブスクリプション(Subscription)

     製品やサービスを売り切るのではなく、利用期間に応じて継続的に利用料を徴収するビジネス形態を指す。日本では定額制と称されることが多い。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る