閉じる

キーワード

  • 3分でわかる必修ワード IT

    3分でわかる 仮想通貨マイニング

     仮想通貨取引の信ぴょう性を検証し、取引履歴に追加する作業の対価として仮想通貨を得る仕組み。

  • 電子行政:キーワード

    VR/AR

     VR/ARとは、仮想現実/拡張現実(感)の略称です。3次元コンピュータグラフィックス(3D CG)や立体音響、さらにはウェアラブル端末などの入出力デバイスから構成された人工の空間を、あたかも実際の空間であるかのように知覚させたり(VR)、現実(物理)空間と継ぎ目なく接続して再構成したりする(AR)…

  • 3分でわかる必修ワード IT

    3分でわかる デザイン思考

     デザイン思考(デザインシンキング)とは、問題を抱えて困っている人や実際に商品やサービスを利用している消費者など、人を中心に据えて問題を発見したり、その解決方法を考えたりする手法の1つ。

  • キーワード

    常時SSL(Always on SSL)

     Webサイトの通信を常に暗号化して情報をやり取りする情報セキュリティの仕組み。Webブラウザーとやり取りする全てのデータを暗号化することで、情報の漏洩や改ざんを防ぐ。SSL(Secure Sockets Layer)は暗号化技術の名称だ。

  • デジタルヘルス用語

    ECG(心電図)

    心臓の収縮に伴って発生する微量の電流を波形として視覚的にグラフに表したもの。心臓は筋肉の一種であるため、心臓のみの筋電図ともいえる。

  • 3分でわかる必修ワード 自動車

    3分でわかる セルロースナノファイバー

     実用化に向けた開発が活気を帯びる期待の新材料「セルロースナノファイバー」。3分でさくっと理解できるように分かりやすく説明する。

  • 3分でわかる必修ワード 土木

    3分でわかる i-Construction

     測量から設計、施工、検査、維持管理までの全てのプロセスにICT(情報通信技術)を導入して、建設産業の生産性を向上させる取り組み。2025年までに生産性の2割向上を目指す。

  • 3分でわかる必修ワード 土木

    3分でわかる インフラ非破壊検査

     橋やトンネルなどのインフラ構造物の健全度や劣化具合を調べるために、コンクリートなどを破壊したり、表面に穴を開けたりせずに、内部の状態を検査する方法。赤外線や弾性波、レーダー、X線、中性子線など、検査の対象とする損傷の種類や範囲に応じて、さまざまな手法が研究、開発されている。

  • 3分でわかる必修ワード 建築・住宅

    3分でわかる BIM

    コンピューター上で仮想の建物モデルを構築する「BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)」。建物の3次元形状に加え、建物を構成する部材や設備機器、部屋などに関する様々な情報をデジタル化して統合し、1つのモデルとして表現するものだ。建築産業の生産性向上の切り札として期待を集める。

  • 3分でわかる必修ワード 土木

    3分でわかる 自己修復材料

     材料に生じた傷を自発的にあるいは、簡易な治癒などを施すことによって修復させる材料を「自己修復材料」または「自己治癒材料」と呼ぶ。ただし、現状ではこれらの用語に対する厳密な定義は存在しない。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る