閉じる

キーワード

  • キーワード

    中小企業共通EDI(SME Standard Electronic Data Interchange)

     企業間で受発注情報をやり取りするEDI (電子データ交換)の次世代版。中小企業が低コストで容易にEDIを利用できるようにする。大手企業が下請けの中小企業との取引に使っている独自のEDIのデータも共通データ形式のEDIに変換してやり取りするため、複数の大企業と取引のある中小企業の業務を効率化できる。

  • 3分でわかる必修ワード IT

    3分でわかる ダークウェブ

     ダークウェブは特別なツールを使わないとアクセスできないWebサイトやWebサービスの総称。銃や危険ドラッグ、マルウエア、不正に取得されたクレジットカード情報など違法な品や情報の取引に使われることが多く、インターネットのヤミ市とも称される。

  • 3分でわかる必修ワード IT

    3分でわかる トークンエコノミー

     トークンエコノミーはブロックチェーンを軸に作り上げた新たな経済圏を指す。ブロックチェーン上で生成した「トークン(独自コイン)」を単純な通貨としてではなく、様々な機能や価値をひも付けた形で流通させる。

  • 3分でわかる必修ワード 建築・住宅

    3分でわかる 建築物のバリアフリー設計指針

     ホテルまたは旅館における建築設計標準の追補版について解説する。建築設計標準は、計画・設計の基準や考え方、留意点を示したガイドラインだ。複数の設計例と共に、車椅子使用者のほか障害者や児童、外国人など、それぞれの利用特性に応じて必要な配慮事項が掲載されている。

  • キーワード

    デジタル課税(Digital Taxation)

     グローバルで活動するプラットフォーマーなどを対象に導入が検討されている課税制度のこと。米国のGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム)に代表されるプラットフォーマーは、主にネット上で事業を展開している。一方、国際課税の原則は「(工場や支店などの)恒久的施設なくして課税な…

  • デジタルヘルス用語

    再生医療等製品

     再生医療等製品は、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)」で定義されている。

  • 3分でわかる必修ワード 土木

    3分でわかる 建設業の働き方改革

     2019年4月1日に政府が施行した改正労働基準法によって、建設業でも24年4月までの5年間の猶予を経て時間外労働の上限が罰則付きで規定される。これを見据えた「働き方改革」が、業界各社の緊喫の課題となっている。

  • 3分でわかる必修ワード IT

    3分でわかる クラウドのマネージドサービス

     クラウドのマネージドサービスは、パブリッククラウドで提供されるサービスのうち、運用作業の一部が自動化されるものを指す。大部分の運用作業を自動化したサービスについては「フルマネージドサービス」と呼ぶことがある。

  • キーワード

    D2C(Direct To Customer)

     メーカーなどが消費者に商品を直接届けるビジネス形態。「Direct to Consumer(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)」の略称で「ディー・ツー・シー」と読む。特にアパレルや美容・化粧品分野の企業がD2Cを手掛けるケースが目立つ。

  • 3分でわかる必修ワード 建築・住宅

    3分でわかる 省エネ適判

     建築物省エネ法で定められた規模・用途の建築物を新築、増改築する際に必要となる省エネ適判。建築物省エネ法の改正により、省エネ適判が義務付けられる対象範囲が拡大した。

  • 3分でわかる必修ワード IT

    3分でわかる PWA

     PWAは、Webブラウザー向けのWebアプリケーションをあたかもネイティブアプリのように利用するための枠組みだ。PWAのWebアプリは、オフラインでの動作やプッシュ通知も可能だ。

  • キーワード

    ダークウェブ(Dark Web)

     特別なツールを使わないとアクセスできないWebサイトやWebサービスの総称。銃や危険ドラッグ、マルウエア、不正に取得されたクレジットカード情報など違法な品や情報の取引に使われることが多く、インターネットのヤミ市とも称される。

  • 3分でわかる必修ワード IT

    3分でわかる Python

     Pythonは、特にAI(人工知能)分野のシステム開発に使いやすいとされ人気が高まっているプログラミング言語だ。

  • 3分でわかる必修ワード 土木

    3分でわかる 建設キャリアアップシステム

     建設技能者の就業履歴や保有資格、社会保険加入状況などの情報を蓄積するデータベース。技能者の適正な評価や処遇の改善を図る。建設業振興基金が2019年4月から本格運用を開始した。5年後までに全ての技能者の登録を目指す。

  • 3分でわかる必修ワード IT

    3分でわかる ハイブリッドクラウド

     ハイブリッドクラウドは、パブリッククラウドとオンプレミス(自社所有)環境を接続したシステム基盤のこと。両者をネットワークで結び、オンプレミス環境の延長としてパブリッククラウドを利用する。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る