閉じる

キーワード

  • 3分でわかる必修ワード IT

    3分でわかる ブルーグリーンデプロイメント

     ブルーグリーンデプロイメントとは現状の本番環境(ブルー)とは別に新しい本番環境(グリーン)を構築した上で、ロードバランサーの接続先を切り換えるなどして新しい本番環境をリリースする運用方法のこと。

  • キーワード

    AI融資(AI Lending)

     人工知能(AI)を利用した与信審査を通じて融資の可否や金利などを決める融資サービス。銀行口座の入出金やクレジットカードの利用状況、商品の売買などに関わるデータを利用する。人手で処理できない大量のデータをAIで分析することで、迅速で精度の高い融資判断が可能になる。

  • 3分でわかる必修ワード IT

    3分でわかる SPA

     SPAは、Webアプリの表現力や操作性などを向上させる技術の1つ。Webページを遷移せずに、必要な部分だけを切り替えて表示する技術や手法である。JavaScriptのプログラムによって実現されている。

  • 3分でわかる必修ワード 土木

    3分でわかる インフラシステム輸出

     鉄道や港湾、空港といったインフラ施設について、事業化に向けた調査から設計、建設、運営、維持管理までを、政府と民間企業が協力して海外に売り込むこと。新興国の都市開発などの需要を取り込み、国内市場の縮小を補う。2020年に年間30兆円の受注を達成することが目標だ。

  • 3分でわかる必修ワード IT

    3分でわかる NB-IoT

     NB-IoTは、モバイル向けの高速通信「LTE」を使ったIoT向けの通信規格。

  • キーワード

    高精度測位システム(High Precision Positioning System)

     ユーザーに対して現在地などの情報を提供する測位システムの高精度版。スマートフォンのGPS(全地球測位システム)による現在地の情報はメートル単位の誤差が出る場合があるのに対して、高精度測位システムは数センチメートル程度のわずかな誤差しか生じないのが特徴だ。

  • 電子行政:キーワード

    プログラミング教育

     小学校のプログラミング教育は、情報活用能力の基礎を身に付け、将来に生かしていく態度を身に付けるために2020年度から必修化されます。情報活用能力とは、「コンピュータ等の情報手段を適切に用いて情報を収集・整理・比較・発信・伝達したりする力」を指します。

  • 3分でわかる必修ワード IT

    3分で分かる MaaS

     「マース」と読み、サービスとしての交通・移動手段を意味する。クルマや鉄道など様々な交通手段をITで統合した次世代交通サービスの総称として使われる。

  • 3分でわかる必修ワード 建築・住宅

    3分でわかる IR

     国際競争力の高い滞在型観光の切り札として脚光を浴びるIR。シンガポールなど海外のIRを参考に定めた施設基準では、超巨大ホテルと会議場併設が条件となる。

  • 3分でわかる必修ワード IT

    3分でわかるオブジェクトストレージ

     テキスト、画像、動画など多様なファイル一つひとつに管理用メタデータを付けて「オブジェクト」として効率良く格納するストレージのこと。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る