閉じる

キーワード

  • 3分でわかる必修ワード IT

    3分でわかる CSMA/CA

     CSMA/CA(Carrier Sense Multiple Access/Collision Avoidance)は、無線LANで通信の衝突(コリジョン)が起こることを避けるための仕組み。

  • キーワード

    デジタルサイネージ(Digital Signage)

     屋外や商業施設に設置したディスプレーなどの端末に、ネットワーク経由で動画や静止画などのコンテンツを掲示する「電子看板」を指す。液晶ディスプレーの価格下落や薄型化に加え、通信ネットワークの大容量化と低価格化などを追い風に、新たな情報伝達媒体として普及が進んでいる。

  • 3分でわかる必修ワード IT

    3分でわかる シェアリングエコノミー

     ネット上のプラットフォームなどを介して、不動産などの資産や個人のスキルを他者が借りて利用するような形態の経済活動

  • 3分でわかる必修ワード IT

    3分でわかる 統一QR

     統一QR(JPQR)はスマートフォン決済で利用するQRコードの標準仕様である。経済産業省などが中心になり設立したキャッシュレス推進協議会がガイドラインの策定や普及事業を進めている。

  • キーワード

    ABW(Activity Based Working)

     社員が仕事の内容に応じて作業の場所を自ら選ぶ働き方を指す言葉で、アクティビティー・ベースド・ワーキングの略称。「集中してPC作業をする」「アイデア出しをする」など社員の活動(アクティビティー)に合ったスペースをそれぞれ設けることで実現する。

  • キーワード

    信用スコア(Credit Score)

     経済力や学歴など様々な情報に基づいて個人の信用力を数値化した指標。金融機関などが融資額や金利を決める際に利用したり、一般企業がスコアに応じて優遇するサービスを提供したりする。2019年以降、LINEやヤフー、NTTドコモなどが相次いで信用スコアを活用したサービスを立ち上げている。AI(人工知能)を…

  • 3分でわかる必修ワード IT

    3分でわかる eKYC

     eKYCはオンライン上で完結する本人確認の仕組みを指す。非対面によるオンライン金融サービスの利便性を高めると期待されており、金融機関やスマートフォン決済事業者などで採用が相次いでいる。

  • 3分でわかる必修ワード IT

    3分でわかるクラウドの仮想ネットワーク

     パブリッククラウドサービス上にユーザーが作成する仮想閉域網のこと。「仮想ネットワーク」「VPC(Virtual Private Cloud)」というケースもある。

  • キーワード

    モダナイゼーション(Modernization)

     老朽化したシステムを刷新する手法。過去に作られたシステムを放置していると、老朽化とともに3つの問題を引き起こす。

  • 3分でわかる必修ワード IT

    3分でわかる 継続的インテグレーション

     継続的インテグレーション(Continuous Integration、CI)は、ソフトウエア開発の手法の1つ。「コンパイル」「テスト」「パッケージング」といったソフトウエアの開発工程の様々な作業を、繰り返し何度も実行する手法を指す。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る