iPhoneでやり取りした「LINE(ライン)」の会話が第三者に盗み読みされた……。一時期、そんな話題がネットをにぎわせた。本来、LINEはスマホでは1台しか利用できない。ではなぜ、LINEの会話が流出したのか。

 考えられるのが「クローンiPhone」の存在だ。これはデータが丸ごとコピーされたiPhoneで、設定やアカウント、パスワードまで丸ごとコピーされたものをいう。

 編集部で試してみたところ、確かにLINEが2台のiPhoneから利用できてしまった(図1)。相手とメッセージを交換すると、クローンにもその内容が即座に届く。友だちリストも同期するので厄介だ。LINEの通話も同様で、相手からかかってきた場合、両方の端末に着信する。元のiPhoneで通話に応じると、クローンで会話は聞けないが通話履歴は残る。

図1 クローンiPhoneとはアプリはもちろん、登録したパスワードまで丸ごと複製されてしまったiPhone端末のこと。編集部で作成してみたところ、通常1つの端末でしかログインできないLINEに、2台のiPhoneからアクセスできてしまった。相手とやり取りした内容(トーク履歴)は、クローンiPhoneにも届く
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら