写真1●ドコモgaccoの伊能美和子代表取締役社長
[画像のクリックで拡大表示]

 「NTTドコモにはできないことをやる。そのために、新会社を設立した」。そう話すのは、NTTドコモが2015年8月に設立した新会社、ドコモgaccoの伊能美和子代表取締役社長(写真1)。MOOC(大規模公開オンライン講座)を核にした教育事業の拡大が同社の使命だ(関連記事:NTTドコモが教育系新会社「ドコモgacco」、NTTナレッジ・スクウェアを子会社化)。

 NTTドコモは2014年2月から、NTTナレッジ・スクウェアと共同でMOOCの配信サービス「gacco」を運営してきた。大学などが提供する講義映像のほか、課題や試験問題も無料で提供。これまでに、慶應義塾大学の村井純教授、京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長など第一線の教授陣が講義/監修する講座を44種類配信してきた。

 ただ「これまでの期間は、ドコモにとっては実験的な意味合いもあった」(伊能氏)。gaccoは、MOOCの配信サイトとしては国内初のサービスだ。MOOCは欧米では急成長を遂げたが、国内での市場性は当初未知数だった。

図●ドコモgaccoのロゴ
[画像のクリックで拡大表示]

 だがふたを開けてみれば、登録会員数は2015年8月時点で約14万人。延べ約39万人が講座を実際に受講した。「日本にはMOOCの市場があると実感した」(伊能氏)ことから、本格的なビジネス強化のためにNTTナレッジ・スクウェアを子会社化して社名を「ドコモgacco」に変更()。NTTドコモでgaccoの立ち上げを主導した伊能氏が社長に就いた。

 「ドコモの子会社とはいえ、気持ちは完全にベンチャー」と話す伊能氏。小規模な企業ならではの身軽さを生かし、迅速に意思決定して新施策を打ち出す。まずは、有償サービスを充実させるなど収益化を進める予定だ。その先には、gaccoを媒介とした新ビジネスの創出を見据える。

法人ユーザーを開拓し収益化を図る

 ドコモgaccoが最初のテーマとするのは、法人ユーザーの開拓である。これまでのgaccoの主要ユーザーは無料で学ぶ個人の学習者だったが、今後は法人向けの有償サービスを充実させて、収益の柱に育てる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら