2015年10月29日、富士通がパソコン事業と携帯電話事業の分社化を発表した。100%子会社を新たに設立し、経営判断の迅速化と徹底した効率化を図り、機敏に新製品を投入していくという。

 ここ5年の間に、国内大手家電メーカーのパソコン事業は大きく変わった。2010年10月にシャープが撤退したのを皮切りに、2011年7月には国内最大手のNECがレノボとの合弁会社「NEC レノボ・ジャパン グループ」を設立。同グループの100%子会社として「NECパーソナルコンピュータ」が発足した。2014年7月にはソニーのパソコン部門が「VAIO株式会社」として独立。今回の富士通は国内第2位のシェアを誇るだけに、改めて動向が注目される。

 富士通の発表から9日後の11月7日には、東芝が2015年度第2四半期決算説明会を開催し、その中で不採算部門として示されたのが、テレビ、家電、パソコンを含むライフスタイル事業だ。東芝ではこの部門に対し、「構造改革について、あらゆる可能性を制約を設けず検討中」と説明している。

 東芝のパソコン事業は国内第3位。仮に独立するような状況になれば、国内のトップ3が分離することになり、“大手家電メーカーが作るパソコン”の常識が覆ることになる。

 こうした動きは国内にとどまらない。2014年実績で世界第2位(第1位はレノボ)のシェアを持つ米ヒューレット・パッカード(HP)は、2014年10月にエンタープライズ事業とパソコン/プリンター事業の分社化を発表、2015年11月1日に分社化した。日本では一足早く2015年8月1日に「日本HP」を新設した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら