「格安スマホ」とは本来、イオンやブックオフなどで販売する、端末とSIMカードのセット商品のこと。だが、最近はいわゆるSIMロックフリーの端末と格安SIMを組み合わせて安価に使うのが一般的になりつつある。ここでは、家電量販店などで入手でき、自由にSIMを組み合わせられる端末についてチェックしていく。

 まず、画面のサイズだが、大きくて画素数が多いほど視認性は高くなる。だが、持ち運びや使用時のホールド性を考えると5型前後が使いやすい。画面解像度は、消費電力とバッテリーの持続時間を勘案するとHD画質(1280×720ドット)が妥当だろう。

 SIMカードを挿入するスロットは通常1つだが、SIMフリー端末では2つのものもある。2枚のSIMを切り替えるだけで使い分けられるので、2台の端末を持ち歩いたり、SIMを差し替える手間が不要。ただし、片方のスロットが日本では使えない仕様になっているものもある。

 格安スマホのOSは事実上、Android一択だ。Windows系のモバイルOSを採用する機種も登場しているが、アプリの充実度などを考えると、個人ユーザーはまだ手を出しにくい。ただし、今後はWindowsも視野に入ってくるだろう。

 大手キャリアの国産スマホでは当たり前の「おサイフケータイ」は、海外製のSIMフリー端末には搭載されていない。これが格安スマホの弱点だったが、現在では国内メーカーが市場に参入したため、問題は解消されつつある。ただし、Suicaなど交通系決済は使えない場合もある。

 格安スマホの場合、対応している受信周波数帯も気にしておきたい。対応している周波数帯が多ければ、それだけ電波もつかみやすくなるからだ。

 価格帯は1万円台から10万円に届く機種まで幅広いが、2万~3万円台の機種がバランスが良く狙い目となる。大部分の製品は2GBのメモリーと16GBのストレージを搭載しているが、ストレージが足りない場合は、microSDカードやクラウドで補う手もある。

 SIMフリー端末は最近急速に数が増え、選択肢が広がっている。製品購入時にはつい価格に目が行きがちだが、ここで紹介したポイントを中心に、自分の使い方に合ったSIMフリー端末を選んでほしい。

製品選びのポイント

価格と使い勝手のバランスを考えると5型でHD画質が妥当なところ。それ以下だと視認性が低下するし、フルHDでは消費電力が心配だ
[画像のクリックで拡大表示]
スロットが2つあれば国内と海外、仕事とプライベートといった回線の使い分けが可能。ただし、2つめの仕様に制限がある機種には要注意
[画像のクリックで拡大表示]
格安スマホのOSは、事実上Android以外の選択肢はない。人気のiOS搭載機は米アップル製のiPhoneしかなく、格安で入手することは不可能だ
[画像のクリックで拡大表示]
海外メーカー製ばかりだったSIMフリー端末に国内メーカーが参入し、おサイフケータイなどの国内向け機能に対応したモデルも増えてきた
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら