米アップルは2015年6月8日、開発者向け会議「Worldwide Developers Conference 2015」(WWDC 2015)の初日に恒例の基調講演を開催した。ティム・クックCEO(最高経営責任者)が登壇し、Mac用の新OS「OS X El Capitan」やiPhone用の新OS「iOS 9」、Apple Watch用の新OS「watchOS 2」などを発表した。終盤には、月額定額制で聴き放題の音楽配信サービス「Apple Music」を発表。新しいハードウエアこそ登場しなかったものの、2時間半近くにわたる基調講演は盛りだくさんの内容となった。

 今回の発表のポイントを、基調講演の写真と併せて紹介する。

写真1●WWDC 2015の会場となったのは、例年と同じくサンフランシスコのMoscone Centerだ。世界各国から、約6000名ものソフトウエア開発者が駆けつけたという
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●今年のテーマは「The epicenter of change.」(変化の震源地)。バナーのグラフィックは、iOSのアイコンでおなじみの角が取れた正方形と、Apple Watchのアイコンで使われる円形が重なり合ったデザインとなっていた
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●会期初日に開催した恒例の基調講演では、ティム・クックCEO(最高経営責任者)が登壇。ほかのアップル幹部と交代でプレゼンテーションを行ったこともあり、クック氏自身の登壇時間は思いのほか少なかった
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●Mac用の新OS「OS X El Capitan」は、仮想デスクトップを管理する「Mission Control」の機能を拡張したのが特徴。重なり合う複数のウインドウを縮小して一覧表示した際、上部のバーにドラッグ・アンド・ドロップすることで、新しいデスクトップで全画面表示できるようにした
[画像のクリックで拡大表示]
写真5●デスクトップに2種類のウインドウをワンタッチで半分ずつ表示する「Split View」も新たに追加した。ブラウザーを参照しながら文書をまとめたい場合などに便利に使える
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら