図●Kindle Convertのロゴ
[画像のクリックで拡大表示]

 米Amazon.comは現地時間2015年2月2日、同社ECサイトにおいて、個人所有する書籍のスキャンデータを電子書籍に変換するソフトウエア「Kindle Convert for PC」を発売した()。「Windows 7」および「Windows 8」で利用可能。

 Kindle Convert for PCは、現在米国からのみダウンロード購入が可能。販売価格は49.00ドルだが、現時点で19.00ドルの特別価格になっている。

 同ソフトウエアは、書籍や文書をスキャンしたデータを、Amazon.comの「Kindle」端末に対応した電子書籍ファイルに変換する。記念のサインや直筆ノート、写真や絵などを電子書籍として保存するといった使い方も提案している。

 変換後のファイルは、すべてのKindle端末で閲覧できるほか、米Appleの「iPad」と「iPhone」およびAndroid搭載デバイス向けのKindleアプリケーションで閲覧可能。オンラインストレージサービス「Amazon Cloud Drive」に保存でき、データ同期機能「Whispersync」をはじめ、文字サイズ調整、メモ記入、ハイライト表示、辞書参照といった機能にも対応する。

 サポートするスキャンデータはJPEG、TIFF、PDFファイルで、解像度は300~600dpi、階調はカラーなら24ビット、グレイスケールなら8ビットまたはモノクロ2値。

 同ソフトウエアによって、手持ちの本を安価で手軽にKindleコンテンツに変換できるものの、書籍を1ページずつスキャンするには労力がかかることを、複数の米メディア(PCWorldEngadgetなど)は指摘している。