写真●「ロジクール カンファレンスカム コネクト」
[画像のクリックで拡大表示]

 ロジクールは2015年1月27日、少人数のテレビ会議に向く法人向けWebカメラ「ロジクール カンファレンスカム コネクト」(型番:CC2000e)を今春発売すると発表した(写真)。価格はオープン。

 小規模・中規模な部屋での会議に適したサイズのWebカメラデバイス。4倍デジタルズームとオートフォーカス機能を搭載したカールツァイス製光学レンズを搭載。ワイドスクリーン対応と90度の広い視野角により、会議室を広く映すことができるという。

 Windows、Mac、ChromebookなどのPCデバイスにUSB接続する。Cisco Jabber、WebEx、Citrix GoToMeeting、Blue Jeans、Google Hangouts、Lifesize、Microsoft Lync、Skype、Vidyo、Zoomなど、多くのテレビ会議システムに対応する。WindowsやAndroidの場合、スクリーンミラーリング機能によりプレゼンテーションやビデオ、インターネット画面をHDMI接続したテレビに表示できる。

 スピーカーフォンはBluetoothやUSBで接続可能で、音声は360度全方向に広がるとする。カメラから約3.6m離れていてもエコーやノイズのない音声再生が可能だという。ACアダプターとバッテリー電源に対応。バッテリーはテレビ会議時で約3時間、スピーカーフォン使用時で約15時間使用できるとする。