もはや単独のPCでデータを取り扱う時代ではなくなってきた。クラウドにデータを保存して、会社や自宅、外出先と、どこからでも同じファイルにアクセスできる、そんな環境を構築しておくのは常識の時代になりつつある。

 5回シリーズの本特集では、定番ソフトExcelを例にデータをクラウドに保存して、どこからでも、どんな端末からでもアクセスできる環境を整える。さらに、複数人でExcelファイルを管理するクラウド時代に合わせた効果的な仕事の進め方についても解説したい。

クラウドにはどんな利点があるのか?

 そもそも「クラウド(雲)」とは、クラウドコンピューティングの略で、インターネットを通じて各種サービスを利用するコンピューティング環境を指す。コンピュータで利用する各種データやサービスが、ネット上といういわばはるか「雲」の中にあることから名付けられた名称だ。

 クラウドの中で最も定番となるのがストレージサービスだろう。これはインターネット上にある、プライベートなデータ保存領域だと考えればよい。最近ではクラウドストレージとも呼ぶ。このクラウドストレージを利用して、仕事の効率を高めるのが、いまやビジネスの基本スタイルとして定着してきている。その利点は大きく4つある(図1)。

図1●クラウドストレージには大きく4つの利点がある。1~3は個人利用でも享受できるものだ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら