Windowsには、トラブルを診断したり、修復したりする機能やユーティリティプログラムが数多く備わっている。ここでは、それら有用なツールの使い方、勘所を解説する。

正常に起動しないなら「セーフモード」で起動

 パソコンが正常に起動せず、不具合の原因も分からない場合は、「セーフモード」で起動してみよう。セーフモードは、正しく動作しないデバイスドライバーや常駐プログラムなどを読み込まず、最低限の機能だけで起動する動作モードだ。最低限の機能だけで動作しているため、不具合の原因を切り分けて突き止めるのに有効だ。

 セーフモードで起動する方法は、Windows 8.1なら、図1~図6の手順の通りだ。図1の画面が表示されない場合もあり、そういうときに備えて「回復ドライブ」を用意しておくとよい。Windows 7の場合は、電源投入後、[F8]キーを押すと表示されるメニューでセーフモードを選ぼう。

図1 Windows 8.1の場合、うまく起動できなかったときに「回復」画面が表示される
[画像のクリックで拡大表示]
図2 「オプションの選択」画面が表示されるので「トラブルシューティング」を選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
図3 「トラブルシューティング」の画面で「詳細オプション」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
図4 「詳細オプション」画面で「スタートアップ設定」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
図5 「再起動」を押していったん再起動し、「スタートアップ設定」画面で「4」もしくは「5」を入力
[画像のクリックで拡大表示]
図6 セーフモードで起動すると、画面の四隅に「セーフモード」と表示される
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら