「起動時間が以前より長く感じられる」「いつの間にか変なソフトが立ち上がるようになった」───(図1)。パソコンは長く使い続けていると何かと不調に陥りやすい。

●手入れ不足はトラブルの元
図1 パソコンのメンテナンスを怠っていると、Windowsの起動に時間がかかる、勝手に変なソフトが起動する、などの障害が生じやすい
[画像のクリックで拡大表示]

 こういった悪状況を生み出す最大の原因はCドライブにある。不要なファイルやソフトが増えていくと、Cドライブの空き容量を圧迫する。WindowsやソフトはCドライブにある作業領域を使って動作するので、ある程度の空き容量がないと動作が不安定になりやすい。また、SSDやHDDは、空き容量が減ると書き込み速度が落ちる特性がある。ドライブの速度低下は、パソコンのパフォーマンス悪化に直結する。一部のフリーソフトはインストール時に迷惑ソフトや不要なアドオンを勝手に組み込むことがある。これもトラブルのもとになる。

 こうした不要なファイルやソフトなどの“ごみ”を削除してCドライブを軽量に保つことは、パソコンを快適に利用する上でとても重要だ。CドライブがHDDのパソコンなら、十分な空き容量を確保しておくことで、将来SSDの交換時における環境移行がスムーズになる利点もある(図2)。ぜひとも習慣にしたい。

●HDDからSSDの移行には十分な空き容量が必要
図2 パソコンのHDDをSSDに交換する際に起こるトラブルの一例。元のHDDにあるファイルの量が大きいと、SSDの容量が不足して環境移行がスムーズにできない
[画像のクリックで拡大表示]

 本章では、Cドライブの軽量化に加え、Windowsの使い勝手を悪くする設定の見直し手順や、大事なファイルをDドライブに保存する方法、快適な環境を長く保つためのノウハウも順に説明していく(図3)。

●パソコンを快適化させるための4つのステップ
図3 パソコンのメンテナンス方法は4段階に分けられる。いずれも長く快適に使うために欠かせない

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら