マイクロソフトの「Surface」シリーズには、2015年末現在、「Surface Pro 4」と「Surface 3」の2種類がある。Surface Pro 4はその上位機種だ。CPUに最新のCoreシリーズを搭載しており、性能が高い。また、画面も12.3型と広い。Surface 3は画面が10.8型でSurface Pro 4よりも一回りコンパクト。622g(最軽量モデル)と軽く、持ち運びに優れているほか、4G LTE搭載モデルもある。

 ただし、CPUはIntel AtomでSurface Pro 4より性能が劣る。以前の小型モデルである「Surface RT」や「Surface 2 RT」では、専用のOSを搭載し一部のアプリしか動作しなかったのに対し、Surface 3は通常のWindowsを搭載し、一般的なプログラムが動作するため、使い勝手が大幅に向上している。

 これら2種類以外に、来春にはノートパソコンに近い2 in 1タイプの上位機種「Surface Book」の発売も控えている。

「Surface Pro 4」はノートパソコンとWindowsタブレットの良いところを組み合わせたWindowsタブレットだ。専用キーボードは1万6400円(税別)で別売りとなる。
[画像のクリックで拡大表示]

最新CPUを搭載し、スペック面では死角なし

 Surface Pro 4は全部で6機種。機種によって搭載するCPU、SSDやメモリーの容量、重量などが異なる。

 CPUは、最も低価格な機種がIntel Core m3、中位の2機種がIntel Core i5、上位の3機種が、Intel Core i7を搭載する。どれも開発コード名「Skylake」と呼ばれた第6世代の最新マイクロアーキテクチャーを採用したCPUを搭載する。ただし、型番は非公開となる。Skylakeは、従来のCPUより性能が向上したのはもちろんのこと、低消費電力動作やグラフィックス機能も強化されている。

 メモリーは、下位の2機種が4GB、中位の2機種が8GB、上位の2機種が16GBを搭載する。メモリーソケットはなく、メモリーの増設や交換はできない。Windows 10を動かすにはメモリーが4GBもあれば十分だが、メモリーの消費量が多いアプリを使うのであれば、中位機種以上をお薦めしたい。起動ドライブは、全機種でSSDを採用する。低価格の2機種が128GB、Core i5の上位機種とCore i7の2機種が256GB、最上位モデルが512GBを搭載しており、容量は十分だろう。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら