デルのノートパソコンは2つに分類される。一般的なノートパソコンを「Inspiron」シリーズ、ハイエンドノートパソコンを「XPS」シリーズと呼ぶ。

 Inspironシリーズは、11.6型、13.3型、14型、15.6型、17.3型の5種類がある。そのうち11.6型、13.3型、14型の小型製品は、画面を360度折り返すとタブレットとしても使える2in1タイプのノートパソコンだ。型番には規則性があり、シリーズ名のInspironの次に来る2桁の数字が画面のサイズ、次の4桁の数字はグレードを表す。3000シリーズが基本的な機能を備えた製品群、5000シリーズがバランスの良い性能と価格帯の標準モデル、7000シリーズが上級モデルだ。例えば、「Inspiron 15 5000」であれば、15.6型の標準モデルとなる。

 一方のXPSシリーズは、13.3型の「New XPS 13」と15.6型の「New XPS 15」の2種類がある。今回注目したのは、そのうちの「New XPS 13」だ。New XPS 13には、「New XPS 13 スタンダード」「New XPS 13 プレミアム」「New XPS 13 プラチナ」「New XPS 13」「New XPS 13 プラチナ・QHD+タッチパネル」の4機種が販売されている。製品の違いは、搭載するCPUの種類や、メモリーとSSDの量、画面解像度とタッチパネルの有無だ。

 上記製品の本体色はすべてシルバーだが、本体色が異なる「New XPS 13 スタンダード・ゴールド」と「New XPS 13 プラチナ・QHD+タッチパネル・ゴールド」もある。

「New XPS 13」は、13.3型ながら幅は304㎜に収まっている。同クラスのノートパソコンより10〜20㎜程度コンパクトだ。
[画像のクリックで拡大表示]
New XPS 13は4機種からなる。その仕様を表にまとめた。搭載するCPUやメモリーの量、画面の種類や画面解像度が異なる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら