エプソンダイレクトの「Endeavor TB01S」はコストパフォーマンスに優れた8型Windowsタブレットだ。2万9750円(税別)という価格ながら「Office Home and Business 2013」を標準搭載、付属のデジタイザーペンによるペン入力に対応するのが特徴だ。

 Windows搭載機で3万円と聞くとかなり安いが、液晶に8型WXGA、CPUにAtom Z37XX系、OSに「Windows 8.1 with Bing」という組み合わせで、同価格帯のライバル機は続々と登場している。いずれも仕様だけ見ると大差なく思えるが、どれを選んでも同じというわけではない。今回はEndeavor TB01Sの魅力を徹底的にチェックしてみたい。

ペン操作に対応した8型タブレット「Endeavor TB01S」。直販サイト「エプソンダイレクトショップ」で税別2万9750円、税込で3万2130円。
[画像のクリックで拡大表示]

表 エプソンダイレクト「Endeavor TB01S」の主な製品仕様
CPUAtom Z3735F(1.33GHz)
メモリー/ストレージ2GB/32GB(eMMC)
光学ドライブなし
ディスプレイ(解像度)8型(1280×800ドット)
主なインタフェースマイクロUSB 2.0×1、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 4.0、
Micro HDMI出力、microSDメモリーカード
バッテリー駆動時間5.8時間(JEITA Ver.2.0)
本体サイズ、重さ幅124×奥行き211×高さ10mm、350g
OSWindows 8.1 with Bing 32bit
オフィスソフトOffice Home and Business 2013

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら