食生活は以前とまったく変わらないのに、少し太ってきたようだ……。アラフォーにさしかかったとたん、身体の変化に気づいた。もともと、たくさん食べても体重が増えずらい体質だったため、「自分は太らない」と思い込んでいたのだ。気づくと、お腹のまわりにチャンピオンベルトを巻いたようなぜい肉が……。それも2重、3重にベルトを巻いたかのように厚みが増しつつある。変わりゆく姿を見て「これではダメだ」と一念発起。以来、健康な食生活に気を配っている。

 ダイエットに必要なのは、食事のコントロールと適度な運動といわれる。ダイエット経験者なら百も承知のことだと思うが、実践するのはとても困難だ。筆者はこの課題を、iPhoneを使って克服しようと奮闘している。利用しているのは、タニタの体組成計「インナースキャンデュアル RD-901」と、活動量計「カロリズム AM-160」。

 数ある体組成計と活動量計の中から、こちら製品を選んだ理由はただ1つ、計測結果をBluetooth経由でiPhoneへと転送できるからだ(両製品ともAndroidスマホへのデータ転送は不可。同社のオンラインサービス経由で、計測データを閲覧することだけはできる)。自分でノートに書きとめることなく、体重の推移をiPhone上で確認できる。計測結果を頻繁に振り返り、怠けないように自分に喝を入れ続けるのが狙いだ。そんな筆者なりの管理術を紹介してみたい。

こちら、筆者が健康管理に活用している三種の神器。体組成計の「インナースキャンデュアル RD-901」と、活動量計「カロリズム AM-160」。2つの機器で計測した記録をiPhoneで管理している。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら