デルの「UP2715K」は、5Kの超高解像度画面を表示できる27型のパソコン用液晶ディスプレイだ。同社によると「世界初」の製品という。UP2715K以前にアップルの「iMac Retina 5Kディスプレイモデル」など、同等の超高解像度画面を表示できるパソコンは登場しているが、“ディスプレイ単品”としては無かった。

「UltraSharp UP2715K」(デル)は、5K解像度を表示できる27型の液晶ディスプレイだ。直販価格は19万9980円。最大5120×2880ドットの画面表示に対応する。
[画像のクリックで拡大表示]
表1●UltraSharp UP2715Kの主な仕様
画面サイズ27型
画面解像度5120×2880ドット(デュアルDisplayPort接続時、シングルDisplayPort接続時は3840×2160ドット)
輝度350cd/m2(標準)、50cd/m2(最小)
コントラスト比1000:1(標準)、100万:1(ダイナミックコントラスト比)
視野角178度(垂直)、178度(水平)
応答速度8ms(グレースケール)
パネルタイプIPS
バックライト方式LED
ピクセルピッチ0.116mm
ピクセル/インチ(PPI)218
カラーサポートAdobe RGB(99%)、sRGB(100%)、10億7400万色(完全10ビット)
映像入力端子DisplayPort×2、MiniDisplayPort
VESAマウントあり(100mm)
スピーカー16W×2
その他USB 3.0ポート×5(うち1つはバッテリー充電対応)、USB 3.0マルチカードリーダー(SDカード、メモリースティック)
外形寸法幅637.3×奥行き204.5×高さ427.6~542.1mm(スタンドあり)、幅637.3×奥行き47.9×高さ384.6mm(スタンド無し)
重量7.14kg(スタンドなし)、2.24kg(スタンドのみ)
画面の広さを比較した。5120×2880ドットはフルHDより7倍程度も画面が広い。「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」(最大画面解像度2560×1440ドット)のちょうど4倍の広さだ
[画像のクリックで拡大表示]

 UP2715Kは、最大5120×2880ドットの画面を表示できる。ここ数年で発売されたパソコンの多くは、画面解像度が1366×768ドット、または1920×1080ドット(フルHD)なので、それらと比べると約7〜14倍も画面が広い。また、3840×2160ドットを表示できる同社の4Kディスプレイと比べても、2倍弱も広い。

5120×2880ドットでWindows 8.1のデスクトップ画面を表示した。フルHD解像度の動画を再生しながら、Webページを縦長で眺めつつ地図を広範囲に表示しても、画面はまだ余る。
[画像のクリックで拡大表示]
高解像度画面は花びらの模様などが精細に再現され、画面から質感を感じ取れる。画面の発色は良い方だ。特に暖色がきれいだ。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら