最近、人々のスマートフォンへの依存度は結構高い。いつでもどこでも電話やメールができる。ネットで調べ物ができて、写真も撮れて、音楽も聴けて、動画も鑑賞できて、SNSやテキストチャットで友だちと交流できる。現在地を地図上に表示して、周りの施設を調べたり、目的地を検索してルートを調べたりナビ代わりにしたり。場合によっては、パソコンよりも役に立つ。パソコンを持たずにスマホのみで過ごす人も増えている、とも聞く。

個人のスマホを仕事でも利用する「BYOD」

 日常生活に役立つスマホは、仕事でも当然役に立つ。電話やメール、ビジネスチャットなどの連絡はもちろん、クラウドに置いた資料を閲覧したり、オフィス書類を作成/編集したりなど、小さいがゆえの多少の扱いにくさと回線の細さ(遅さ)さえ我慢すれば、オフィスに限らず、どこでも仕事ができそうだ。

 最近は、会社から仕事用のスマホが支給されることも多い。仕事用に支給されるスマホは、自由にアプリも入れられず、限定した用途で使うよう、決められている場合が多いだろう。仕事専用のスマホが使える反面、自分のスマホと合わせて2台の端末を持ち歩いたり管理しなくてはならない、新たに仕事用スマホの使い方を覚えなければならないなど、大変さもある。

 そうして専用の端末が用意される場合もあるが、最近よく言われているのが、個人所有の端末を業務でも使う「BYOD」(Bring your own device)というスタイル。これだと、普段使っている端末ゆえに使い勝手に戸惑わない、端末の管理が1台で済むなどの利点がある。会社側でも人数分の端末を用意しなくて済む。

 ある程度の規模の企業や組織でBYODを導入するときは、セキュリティや使い勝手、公私の費用分計など、さまざまな問題をクリアしなくてはならない。BYOD向けのソフトやソリューションを利用するのが一般的だ。

 そのあたりは筆者も、いくつか記事に書いていたりもする(例えばこちら)。

筆者の「BYOD」事情、セキュリティや費用分計など各種問題への対策

 ところで、筆者は個人事業主という立場である。自営業や小規模な業務形態にありがちだが、私用端末と業務端末を分けず、同じスマホで賄っている。これもある意味「BYOD」ともいえる。今のところ上記のようなBYOD用のサービスやソリューションは利用していないが、小規模用のサービスは将来導入したいと思っている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら