筆者は、年をとってすっかり忘れっぽくなった「おかん」(母、筆者のごく近所で1人暮らし)のサポートを、主に携帯電話で行っている。これは、このコラムで何回か書いた。もちろん、家が近くなので直接出向いたり、先日から設置した「見守りカメラ」で状況を確認したり、などもしているが、用事を忘れたり、外出用にヘルパーさんがそろえてくれた荷物を崩してしまったりなど、トンチンカンなことばかり行いがちなおかんには、筆者の頻繁な電話でのサポートが必要なのだ。

テンキー付きの2つ折りスマホが発売されると聞いて

 母との電話の通話料は、キャリアの家族通話を利用しているので、基本的に話し放題。これが通常の携帯電話料金だと、数万円にも及ぶ(月々の明細の参考料金から)。とはいえ、キャリアの契約は2年縛りなど気に入らない部分も多く、できればMVNOにシフトしたいと考えている筆者。最近ではMVNOでも各種「掛け放題」的なサービスも登場しつつあるから、できればそちらを使えれば、という思いもある。

 MVNO事業者のSIMカードを入れる機器としては、おかんでも簡単に使える「ガラケー」(従来型の携帯電話)的なものがいいのだが、ガラケーの位置情報サービスはあまり正確ではない。やはりいつでもおおよそ位置が分かるスマホがよい。というわけで、おかんにも簡単に使えるスマホで、ガラケー的に使えるものはないかと、筆者は考えていた。

 そんなときに、プラスワン・マーケティングのFREETELブランドからキーパッド付きの2つ折りスマホが発売されると聞いて、筆者は早速(自腹で)予約した。プレスリリースなどから、Androidベースで、2つ折りを開くとキーパッドと画面が表示され、閉じると画面裏にもう1つ画面があって、そこにAndroidのホーム画面が表示されるという、ユニークな仕様である。

図1 ユニークな、キーパッド付きの2つ折りスマホ「MUSASHI」の商品ページ
[画像のクリックで拡大表示]

 しかも、2画面を切り替えるギミックが搭載されているなど、手間やお金がかかっていて高価になりそうな端末なのに、価格は約2万5000円と格安の部類に入る。これは期待できそう、と、筆者は思った。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら