「FON」という名前をご存じだろうか。パソコンやスマートフォンを使いこなす読者のみなさんはたぶん聞いたことぐらいはあると思う。FONとは、世界最大のグローバルWi-Fiコミュニティ。自宅などのWi-Fiの一部をFONメンバーのために開放することを条件に、世界中の外出先でFONのWi-Fiネットワークを自由に使える、というシステムだ。日本語の公式サイトもある。

図1 自宅のWi-Fiの一部を開放することで、全世界何千万カ所ものWi-Fiが使える「FON」サービスの公式ページ。国内では100万カ所以上のスポットがあるという
[画像のクリックで拡大表示]

 筆者は以前からFONに興味があった。

 外に出てスマートフォンなどを使うときに、キャリアやMVNOなどで契約しているモバイルネットワークでの接続は月間で利用できるデータ通信総量が限られているし、基本的に有料だ。そんなモバイル接続の節約方法の一つが、無料もしくは安価に使えるWi-Fiスポットを利用すること。駅やホテル、カフェ、コンビニなどの無料Wi-Fiサービス、キャリアのWi-Fiサービス、月数百円程度で契約できるWi-Fiサービスを筆者は積極的に利用している。

 モバイル通信回線の通信可能データ総量の節約ももちろんだが、Wi-Fiスポットはおしなべて、モバイル接続よりも高速で、快適に使えるのも利点の一つだ。

 外でWi-Fiを利用する際には、接続をモバイルネットワークからWi-Fiに切り替え、最寄りの、あるいは契約しているサービスのアクセスポイントを選んで接続するのだが、以前から「FON_FREE_INTERNET」というアクセスポイントが時たま目に入っていた。「FREE」とあり、カギアイコンもないので、そのまま接続できるのかと思いきや、アクセスしてもネットに出ていける気配はない……。

 数年前、何も知らなかった頃の筆者がダンナに「これなあに?」と聞くと、ダンナは「自宅のWi-Fiを開放すると、お仲間のWi-Fiを使える『FON』という“助け合い”サービスなんだよ」と目を輝かせて答えてくれた。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら