トコです。今週は、14日火曜日までシンガポールに行ってました。お金持ちが移住しているシンガポールですが、移住の下見のはずもなく、吉方位なので、開運のために旅をしてきました。良い、といわれる方位に旅すると、運が上がるという他力本願のおまじない。まあ、そんな理由をいいわけに、ひとりフラフラ旅行をしているわけですが…。

[画像のクリックで拡大表示]

 もともと、シンガポールは治安がよく清潔な国、として知られています。なので女性、子連れなど、安心して滞在できます。ゴミのポイ捨ては罰金。チューインガムも美観を損ねるという理由で、国内へ持ち込み禁止になっています。さらに今月、新たな法律が施行されました。4月1日から、午後10時半から公共の場における飲酒が禁止されましたよっ。

 お気を付け下さい。午後10時半から朝7時までは、酒類の小売り販売も禁止されますので、その時間帯は、コンビニやスーパーでの酒類の購入もできません。

 政府から許可を得たレストランやバーなどでは、許可で認められた時刻まで飲酒は可能ですが、その店から持ち出したり、ホテルに持ち帰るのは、禁止です。

 私的な空間であるホテルの部屋は夜間の飲酒は可ですが、そのためには、10時半までに酒類を購入して部屋に持ち帰っておくことが、ポイントですね。

 なにしろ、シンガポールは酒類が高い。ビール一杯、安いところでも10シンガボールドル(900円くらい)。ちょっとしたレストランだと、15シンガボールドル(1300円くらい)するのよ。ホテルの部屋にある冷蔵庫のビールも、1缶12シンガボールドルでした。

 もう飲むなってことか。旅のときは朝から飲みたいトコですが、この国に来たら、肩身が狭いわ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら