本連載も今回が最後。まとめとして、僕が毎日iPadを持ち歩く理由をお伝えしていこう。仕事柄、スマホから携帯ノートまでさまざまな機器が手元にあり、使いやすいものを持ち歩ける贅沢な環境が整っている。

 「iPhone 6 Plus」と「GALAXY Note Edge」は毎日持ち歩いている。休みの日でも必ず鞄に入っているのだが、まあこれはスマホなので当然だろう。iPhoneがおサイフケータイに対応すれば1台で済むかも知れないが、現状は2台持ちになっている。

 個人的に「毎日タブレットを持ち歩こう」などと決めているわけではなく、その日の仕事にあった使いやすく、しかも荷物にならない端末を鞄に入れてる。客観的に自分のモバイル事情を俯瞰してみると、次のようになっている(スマホは毎日持ち歩く前提)。

 ○打ち合わせや取材などの外出(週に3-4日)

  iPadのみを持って歩く

 ○外出先で作業が必要(週に2-3日)

  携帯ノート

  もしくは

  iPad+携帯ノート

 ○出張(月に6-7日)

  iPad+携帯ノート

 改めて考えてみると、iPadを持ち歩いている機会がとても多いのだ。今回はこの理由を考えていきたい。

普段持ち歩いているスタイル。本体に傷を付けたくないのでカバーを付けている。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら