カテゴリ:仕事効率化/価格:5000円(App内課金あり)
[画像のクリックで拡大表示]

 古い話で恐縮だが、パソコンが登場したころのソフトは10万円近いものが少なくなかった。今でも、「Microsoft Office」など3万円を超える人気ソフトもある。ところが、iOSのアプリはどれも激安だ。無料アプリが人気を集め、300円を超えると高いという印象になる。僕自身は、アプリに掛けるお金はなるべく惜しまないようにしている。レビューをするのが仕事なので惜しんでいられないし、そもそも、良いアプリは適切な対価を支払って使うことで、さらに良くなると信じているからだ。

 今回取り上げる「OmniGraffle 2」は、なんと5000円という高価なアプリだ。しかも、アプリ内課金のPro版は99.98ドルとなっている。僕は前のバージョンを手に入れていたので、自動的にPro版が導入されてしまい、日本での課金価格が調べられなくなってしまったので、ドル建てであしからず。

 どちらにしろ、iOS向けのアプリとしては相当に高いのだが、果たしてその価値はあるだろうか? 今回は、そんな観点から検証していきたいと思う。

 アプリを起動すると、ファイルが並んだ画面になる。他のアプリ同様にファイルを管理する画面だ。サンプルとして提供されている画像は、目を見張るほどのものでもないが、iPadでここまでできるなら素晴らしいと思わせるには十分だ。

 おおざっぱなヘルプは日本語化されているが、ビデオや説明の電子書籍、Webページの説明などはほぼ英語なのが残念だ。高価なアプリなのだから、サポートもしっかりとしてほしい。

アプリ起動後のファイル一覧画面。
[画像のクリックで拡大表示]
サンプルファイルはなかなかの完成度で、iPadでここまでできるなら素晴らしい。
[画像のクリックで拡大表示]
簡単なヘルプは日本語。メニューは日本語化されている。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら