直井研究員(以下、直井):えぇ!

平野所長(以下、平野):どうしたんだい。直井さん。

直井:ちょっと紛らわしいメールを受け取りまして。こちらのメールです。

平野:これはキャンペーンの案内メールだね。いつからいつまで、どのようなキャンペーンがあるのか。この機会に直井さんにも利用してほしいということがしっかり書かれている。案内のメールとしては比較的良いメールだと言えるだろう。とはいえ、これは一斉配信で名前を自動挿入するタイプのようだね。

直井:本文はいいメールなんです。

平野:これで一件落着だね。

直井:違うんです。所長!! この件名を見てください。

平野:どれどれ……。

<ご確認ください>○○割引キャンペーン詳細のお知らせ

なるほどね。そういうことか。ちなみに、直井さんはこのメールを見てどう思ったんだい?

直井:<ご確認ください>が目に留まり「誰からの確認の依頼かな。いますぐ読んだほうがよさそうだな」と思ってすぐに開封しました。でも、本文を読むとキャンペーンの案内で営業メールでした。自分が関わっていることではなかったので急いで確認する必要はありませんでした。貴重な時間を返してほしいです。

平野:貴重だと言っても、たかだか数秒のことだ。こうやって今でも腹を立てていることの方が時間の無駄じゃないかい。

直井:揚げ足を取らないでくださいよ!

平野:よし! では今日は、営業メールの件名について一緒に考えていこうか。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら