直井研究員(以下:直井):所長〜メールの使い方について質問が来ています。

平野所長(以下:平野):どれどれ・・・・・・。TOを使った情報共有の方法だね。


件名:メールの使い方について質問

ビジネスメール研究所
平野様 直井様

お世話になっております。
○○の安藤と申します。

メールの使い方について質問があります。

私の所属する部では、社内のメールのやりとりで
同じ部のメンバーたちと一度に共有することが多く
TOに、たくさんの人を入れて送ることがあります。

部には全部で20人いまして
4つのチームに分かれており、1チーム5人です。

チーム内の全員に送るときは、TOに5人を指定しています。
ときには、違うチームのメンバーと共有することもあり
TOに10人を入れることもあります。

TOに入れる人数が増えると、その分だけ手間もかかるので
何か効率の良い方法があれば教えていただけないでしょうか。

また、TOに複数の人を指定すると、
結局は誰も返信をしないということがあり
それにも困っています。

返信をもらう、いい方法があれば教えていただけますでしょうか。

よろしくお願いいたします。

安藤

直井:TOに複数のメールアドレスを指定すると手間がかかるので、何か効率の良い方法があれば知りたいそうです。あと、TOに複数の人を指定すると、結局は誰も返信をしないということがあって困っているようです。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら