直井研究員(以下:直井):所長、件名の書き方を教えてくださいってメールがきています。

平野所長(以下:平野):これだね。新入社員の方から質問が届いているね。会社ではメールの研修をやらないそうだ。これから仕事でメールを使う上で不安があり、先輩から「ビジネスメール事件簿」を教えてもらって読むようになった。件名が大切であることを知ったので、書き方を教えてほしいと書いてあるね。

直井:あと、それとは別件ですが、また、件名の書いてないメールが届いています。

平野:ん?ああ、石田さんからのメールだね。

直井:はい。普段、石田さんからのメールには件名が書いてあるので、今回は書き忘れてしまったんだと思います。

平野:そうだろうね。でも、石田さんからのメール、ときどき件名が書いてないよね。

直井:所長も気付いていましたか。

平野:気付くよ。件名を書かない理由はいろいろと想像できる。ケアレスミスかもしれないし、面倒なのかもしれないし、急いでいて書かなかったのかもしれない。ただ、件名を書いていないとメールの内容が分からなくて、相手に負担を強いる可能性があることは事実だ。

直井:石田さんとは日ごろからメールでやりとりしているので送信者名を見て「石田さんだ」と思い件名が書いていなくても開封しました。でも、件名が書いてないので内容が分かりませんし、内容が分からないと開封の優先順位は下がりがちです。件名に用件が書いてあれば目に入った瞬間に判断できますが、それができないので。今回は、メールが届いていることを確認して、その流れですぐに開封したところ、とても重要な内容だったので「すぐに開いてよかった〜」って思いました。

平野:直井さんの頭の中に、石田さんからのメールは仕事のメール、必要なメールとインプットされているから開いたけれど、すべてのメールがそうとは限らない。メールを受け取る相手の立場に立てば、件名は必要だ。

直井:所長、件名の書き方を教えてください。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら