直井研究員(以下、直井):嫌だなぁ……。

平野所長(以下、平野):なにか嫌なことがあったのかい。

直井:私は悪くないんです。

平野:ん?どうしたの。何か問題でも?

直井:お客さまからクレームのメールが来たんです。どうもお客さまが勘違いをされているみたいで、一方的に責められてしまい・・・・・・。

平野:そんなに悩まず返事を書いたらいいよ。気にしすぎだ。そのお詫びメールも仕事のひとこまにすぎない。気にしていたら何も前に進まないよ。

直井:でも……お客さまの勘違いなんですよ。それなのに謝るのはちょっと違うと思うんです。

平野:どうして?

直井:どうしてって、こちらだけが悪いみたいになってしまうようで……。

平野:確かに仕事をしていると理不尽なこともある。お詫びをしたくないと思うことがあるかもしれない。でも、良好な関係を構築するためには、こちらが折れることも大事だよ。よし!今日は謝罪メールについて考えようか。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら