平野所長(以下:平野):直井さん、メールの質問が届いているよ。対応してね。

直井研究員(以下:直井):どちらのメールですか?

平野:これだよ。


送信者名:gotou@example.com
TO:ビジネスメール研究所 info@example.co.jp

件名:メールの書き方について質問

ビジネスメール研究所
平野様
直井様

お世話になっております。
後藤と申します。

メールの書き方について質問があります。

社内外を問わずメールの通数が増えていて
書き方に悩むことも増えました。

伝えたいことを伝えつつ、厳しくなりすぎないよう
丁寧な表現を心がけているのですが
丁寧すぎるとか、メールが冷たいと指摘されたこともあり、
どのように書いたらいいのか迷っています。

ご指導いただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

(署名省略)

直井:メールの書き方について質問ですね。

平野:送受信するメールが増えると、シチュエーションも多岐にわたる。言いにくいこと、複雑なことをメールで伝えなければならないときもあるだろう。

直井:「これをメールで伝えるのは難しいな」って思うときもありますよね。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら