カテゴリ:仕事効率化/価格:無料

 「OneNote」はMicrosoft Officeに含まれるノートアプリだが、ここ最近は「Evernote」に押されっぱなしだった。特に、スマホやタブレットのアプリが遅れていたために、周回遅れの印象が否めなかった。ところが、iPhone向けのアプリがどんどん機能向上し、なんともすごいことになっているので、紹介していこう。

 すでにご存じだと思うが、OneNoteはノートアプリで、パソコンとiPhone、iPadなどで利用可能だ。今回は触れないが、Android用のアプリも出ている。アプリは無料だが、パソコンと同期するのが普通で、となるとパソコン向けのソフトが必要になる。こちらはMicrosoft Officeに含まれるものを使うのが一般的だ。いわゆるMicrosoft Office付きのパソコンを買っている方なら、多くが利用できるだろう。

 iPhoneにアプリをインストールして、マイクロソフトのアカウントでログインすれば準備完了で、パソコンなどとファイルを同期できるようになる。

 ノートの作成は簡単だ。画面の「+」マークをタップして新規ノートを追加したら、メモ帳感覚で書いていけばよい。

「OneNote」のiPhone版を起動した。ノートがリストで並んでいるサムネイルも見やすい。ノートブックは画面上のタブで切り替える。
[画像のクリックで拡大表示]
ノート自体はシンプルなので迷わず使えるはずだ。
[画像のクリックで拡大表示]
ノートの削除はスワイプすればよい。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら