Writebox for Chrome」(Kazuhiro Shibuya 氏)

Chromebookで使えるテキストエディターが欲しい!

 筆者は、Chromebookを入手して、その軽快な動作やシンプルな使い勝手が気に入り、ふだんのWebブラウズなどに重宝している。Chromebookで普段の原稿書きもしたくて、しばらく使い勝手の良いエディターを探していた。

 Chromebookは、GoogleのWebブラウザー「Chrome」の動作に特化した「Chrome OS」が動くデバイスだ。Chromebookで使えるアプリ、ということは、パソコンのChromeで動くアプリでもある。同じアカウントでログインすると、複数のデバイスのChromeで拡張機能も同期させられる。どれかのChromeにアプリをインストールしておけば、導入の手間は掛からない。データの保存先をクラウドストレージに指定しておくと、複数の端末でデータの共有もできる。

 Chromebookは、インターネットに接続した状態で使うことが前提になっているが、アプリによってはオフラインでも使えるようになっている。外出先で無駄なパケットを消費したくなかったり、そもそもネットにつなげられなかったりする。アプリにオフライン機能があるかどうかは、使い勝手の結構なポイントになる。

 そうして筆者は、「Chrome ウェブストア」でさまざまなテキストエディターを探して使ってみたり、ネットで評判を調べたりなどしてきた。たくさん試した挙げ句に、「これはいい」と思って使っているのが、今回紹介する「Writebox for Chrome」だ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら