海外に行くと、大規模な施設や空港、駅などで公衆無線LANサービスが利用できます。多くの場合、無料で利用でき、有料のサービスでも15分程度なら無料といったものあり、少なくとも海外から来た旅行者にとって、こうした施設にいる限り、インターネットへのアクセスが確保でき、ありがたい存在です。ホテルなどでも、部屋で使うインターネット接続は有料でもロビーでは無料で使えることもあります。米国では、当初はこうした施設の公衆無線LANサービスは有料のものでしたが、最近では、ほとんどが無料になっています。恐らく、有料の場合、ユーザーのサポートや接続品質などに対応する必要があり、無料にした方が、維持コストが小さくなるからだと思われます。日本でも2020年のオリンピックに向けて議論がされているようです。

 無線LANは、開発当初は、自宅や小さなオフィスなどの小規模なネットワークを対象にしていましたが、その後、大規模なオフィスなどでも採用され、現在では、このように多数のユーザーを対象とする接続方式となりました。また、1つのアクセスポイントがカバーするレンジも拡大され、通信帯域も大きくなりました。

 外出先でのインターネット接続には、こうした公衆無線LANサービスとは別に、モバイルの通信事業者が提供する携帯電話のネットワーク(モバイルネットワーク)があり、3GやLTEといった通信方式が使われます。しかし、こうしたモバイルネットワークは契約者のみが対象で、海外から来たユーザーや違う事業者の契約者は利用できません。

 日本だと、事業者が全国をカバーしているため、スマートフォンや携帯電話を持っていれば、必ずといっていいほどモバイルネットワークに接続できますが、海外では、必ずしも全ての事業者が国内全域をカバーしているわけではなく、地域によってはローミングや音声のみの利用といった可能性もあります。また、日本のように島国だけではないため、隣国と地続きな国も多く、簡単に他国の事業者のサービスエリアに入ってしまいます。どちらも同じような無線による、外出時のインターネットサービスなのですが、モバイルネットワークと公衆無線LANには、運営方法に違いがあり、本質的に別物です。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら