7月末、ついにWindows 10が登場した。だが、9月上旬時点で店頭に並ぶパソコンは、まだまだWindows 8.1が主流となっている。これまでのように、OSのバージョンアップに合わせて一気にパソコンの新製品が登場することはなかったのだ。そんな中で、いち早くWindows 10搭載パソコンをリリースしたのが東芝だ。新しい液晶着脱式のコンパクトモデル「dynabook N40/TG」と「同N29/TG」が、他社に先駆けて発売された。

 「〝Windows 10なら東芝〟というイメージを強く打ち出したいために先陣を切りました」(東芝パーソナル&クライアントソリューション社 パーソナルソリューション事業部PS第三部部長の荒引靖久さん)とのことだが、果たして、もくろみ通り魅力的なマシンに仕上がっているのだろうか? 今回も辛口で徹底的にチェックしていこう。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら