パソコンメーカーの中でも、東芝は特に手書きにこだわっており、対応するタブレットや2イン1ノートを多数リリースしてきた。また、専用アプリの開発も続けている。

 そんな同社から、意欲的なタブレットが登場したので、さっそくレビューしていく。そもそも、「ダイナパッド」という新しいカテゴリー名が付いていることからも、力を入れたモデルだということがわかるだろう。

 「新しいカテゴリーの名前を付けるのは、約10年ぶりでしょう」(東芝パーソナル&クライアントソリューション社 パーソナルソリューション事業部 PS第三部部長 荒引靖久さん)とのことだ。期待が高まるではないか。

 液晶サイズは12型と、一般的なタブレットよりひと回り大きめだ。最近は、この12型前後のタブレットが数を増やしている。マイクロソフトの「サーフェスプロ」シリーズや、アップルの「iPad Pro」も同様だ。

写真/スタジオ・キャスパー ※実売価格は2015年11月上旬調査時の税込み価格
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら