Windows 10の技術評価用のプレビュー版がマイクロソフトから配信されている。すぐにでも試してみたいと思う人が多いだろう。しかし、現在利用中のWindowsマシンにインストールすると現在の仕事基盤を捨てなければならないし、マルチブートさせるには内蔵ドライブの容量が足りないと悩む。そんなとき、Macの仮想環境を使うと、実に簡単に異なるバージョンや言語仕様のシステムを同時にインストールして切り替えて使える。Windows 10テスト用にはMacがもっとも便利で安全。必要な人はぜひお試しを。

仮想環境ParallelsにはWindows 10 TPの導入ボタンが付いた

 Macで異なるOSを動作させる仮想環境にParallels Desktop(http://www.parallels.com/jp/products/desktop/)という製品があるのはご存知だろう。各種バージョンのWindowsやLinuxをMacのOS Xの中で動作させることができる。以前、当コラムでも「MacでWindowsが動くParallelsの新版「10」が登場」として紹介したことがあるが、このParallels Desktop 10が2月11日にバージョンアップして、Windows 10 Technical Preview(以下Win 10 TPと表記)を導入するためのボタンが追加された(図1)。

図1 Parallels Desktop 10のメニューにWindows 10 Technical Previewをインストールするためのウイザードボタンが追加された。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら