価格性能比でマウスとエプソンが上位

 デスクトップパソコンは、性能やコストが重視されるタワー型や省スペース型と、表示性能や本体のデザイン性が重視されるディスプレイ一体型の2種類に大きく分けられる。評価の違いを見るために「処理速度」「コストパフォーマンス」と「表示品質」の満足度を紹介しよう。

 処理速度とコストパフォーマンスで1位となったのはマウスコンピューター(図1、図2)。「CPUが最新で、コストパフォーマンスがいい」(50代男性)という点を満足の理由に挙げるユーザーは多い。ただ、一部で修理のトラブルがあったという意見や、標準のキーボードの質が良くないという意見があった。いずれも2位だったのがエプソンダイレクト。性能や価格の評価に加え、サポートの評価も高いという信頼性で総合満足度を伸ばしたと考えられる。

●[デスクトップ]処理速度の満足度
図1 マウスコンピューターとエプソンダイレクトが6ポイントを超える高評価だった
[画像のクリックで拡大表示]

●[デスクトップ]コストパフォーマンスの満足度
図2 処理速度と同じ2社が1位と2位。東芝の評価も高かった
[画像のクリックで拡大表示]

 「表示品質」ではNEC、ソニー、東芝が上位に入った(図3)。このほか「デザイン」の満足度では、1位にソニー、2位が東芝、3位がNECとなっている。

●[デスクトップ]表示品質の満足度
図3 表示品質ではNEC、ソニー、東芝の3社が6ポイントを超えた
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら