「プロ棋士の中位以上の実力があると認めざるを得ない――」。プロ棋士とコンピューター将棋ソフトが対戦する「第3回将棋電王戦」の終了直後、日本将棋連盟の谷川浩司会長は、将棋ソフトの強さをこう評した。

 2012年に始まった電王戦は、今回が3年目。初めて現役棋士が将棋ソフトと団体戦を戦った昨年の第2回は、プロ棋士が1勝3敗1分と負け越している。今回、挑戦者の立場となった日本将棋連盟は「話題性があり、勝てるメンバーを集めた」(片上大輔理事)。第3回に参戦したプロ棋士5人の平均勝率は65.2%と、第2回(平均勝率58.8%)よりも高く、屋敷伸之九段、森下卓九段の2人は、ともに順位戦A級経験者。経験・実績とも、前回を上回る布陣を敷いた。

事前の練習対局も可能に

 第3回では、人間に配慮した条件変更もあった。

 最大の変更が、指定のパソコン1台でソフトを動作させるというルール。以前は消費電力しか制限がなく、第2回電王戦で三浦弘行八段(当時)を破った「GPS将棋」は、679台のパソコンによる並列処理で、毎秒2億7000万局面を読むことができた。これが新ルールでは、どのソフトも数百万局面ほどに抑えられた。

 また、プロ棋士側は対局前の数カ月間、本番で対戦するソフトとの練習対局が可能になった。第3局の豊島将之七段は1000局近い練習対局をこなしたという。さらに人間の疲労を考慮し、持ち時間が5時間に増え、夕食休憩が追加された。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら