最近、パソコンに元気がない。Windows XPのサポート終了によって大変によく売れてはいるのだが、これは一過性の状況だろう。消費増税が実施され、Windows XPの買い換え需要が一巡すると、また売れない時期がやってくる。

 実際の売れ行き以上に、私たちの関心が薄れている気がしてならない。つい、5~6年前までは、パソコンの新モデルが出るたびにワクワクしたものだ。過去を振り返ると、パソコンブームは1995年ごろから始まっており、20年以上近くも“ワクワク”が続いてきたのである。

 ところが、いまや売れ行きを伸ばし、人々の関心を集めているのは、スマホやタブレットばかりだ。パソコン雑誌の休刊が相次ぎ、テレビコマーシャルも激減している。もう、パソコン好きが期待するようなモデルは出てこないのだろうか。今回から短期連載で、パソコンの世界で何が起こっているのかひもといていく。単なるインタビューというわけでなく、対談的な要素を加えていきたいと考えている。私が、読者の皆さんに代わって、歯に衣を着せずに質問をしていきたいと思う。

 トップバッターとして登場いただくのは、日本マイクロソフトだ。同社業務執行役員でCTO(最高技術責任者)と、開発の側面から、日本のデバイスメーカーをはじめとするパートナー企業との連携や、日本ならではの機能の開発などを統括する日本の開発会社「マイクロソフト ディベロップメント」社長を兼務する加治佐俊一氏と、同じく業務執行役員でWindows本部長の藤本恭史氏のお2人に話を伺った(本文敬称略)。

日本マイクロソフト 業務執行役員CTO(最高技術責任者) 兼 マイクロソフト ディベロップメント社長の加治佐俊一氏。(撮影:村田 和聡)
[画像のクリックで拡大表示]
日本マイクロソフト 業務執行役員Windows本部本部長の藤本恭史氏。(撮影:村田 和聡)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら