ソニーは11月、家庭用としては初となる4Kカメラ「FDR-AX1」の発売を開始した。

 図1のように、一見「業務用」に見えてしまうが、これでも一応、家庭用という位置づけである。スペックは表1の通り。家庭用ビデオカメラにしては、大き目のレンズや本格的なマニュアルなど、上級者を満足させる機能も備えているが、内蔵する撮像素子のサイズは「1/2.3インチ」1個と見た目からすると意外に小さい。このサイズは一般的な家庭用ビデオカメラと同等である。

 ソニーは4Kカメラの記録フォーマットとして、プロ向け「XAVC」と一般消費者向けの「XAVC S」という2種類の規格を開発。今回のFDR-AX1は、XAVC Sに対応した初の製品となる。

●家庭用4Kフォーマット「XAVC S」に対応
図1 家庭用初の4Kカメラ「FDR-AX1」
[画像のクリックで拡大表示]

表1 4Kカメラ「FDR-AX1」の仕様
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら