現在利用している製品の評価を踏まえ、今後パソコンを購入するならどのメーカーを選びたいかを聞いた(図1)。1位はアップルで12.4%。グラフには示していないが、購入したい理由として「操作性や使い勝手」が46.4%、「デザインが良い」が56.4%で、いずれも全メーカーの中で最も高い比率だった。2位はNEC、ソニー、東芝が同着となった。

●次に購入したいメーカー ベスト10
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォンやタブレットなど情報機器の選択肢が増える中、今後どんなタイプの製品を購入したいかを聞いてみた。すると1位はノート、2位はデスクトップと、パソコンの比率が多かった(図2)。タブレットとして使えるノートを含めると5割以上はパソコンの購入を検討していることになる。にもかかわらず、この夏は個人向けパソコンの売れ行きが鈍かった。新OS「Windows 8」の評価が低い(図3)ことが影響したと考えられる。

●今後購入したいと考えている機器
[画像のクリックで拡大表示]

●OS別満足度
次に購入したいメーカーや購入したい機器、OSの満足度を聞いた。Windows 7やXPと比べて最新版のWindows 8の満足度が低い。パソコンを購入したくても慎重になっているユーザーが多いことがうかがえる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら