ユーザーの製品に対する満足度は機能と価格だけでは決まらない。携帯性や入力のしやすさといった使い勝手、さらに外観のデザインも製品の評価を左右する重要な要素となる。そこでアンケートでは、冒頭に示した総合満足度だけでなく、「性能・機能」「操作性・使い勝手」「デザイン」「コストパフォーマンス」の4項目に分けた満足度も聞いた。まずはノートパソコンの集計結果を紹介しよう。

 「性能・機能」「操作性・使い勝手」ではいずれも1位がパナソニック、2位がソニーとなった(図1、図2)。

●[ノート]性能・機能の満足度
[画像のクリックで拡大表示]

●[ノート]操作性・使い勝手の満足度
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックのユーザーは「Let's note」シリーズの堅ろう性、バッテリー駆動時間、軽さといったモバイルノートとしての機能を評価する声が多い。「モバイルの本質を突き詰め、軽量で丈夫な製品を作っている。安さ重視の製品が増えている中、Let's noteはブレていない点が評価できる」(40代男性)と、特徴ある製品コンセプトを支持する意見が複数あった。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら