今回は新Nexus 7を徹底レビューしていく。この不定期連載は、速報性よりも読み応えを重視しており、これから買おうと思っている方にとって、より深い情報をお届けするのが目的だ。僕は発売日にNexus 7を購入し、すでに数日間使い込んでいる。リアルな感想や旧モデル、iPad miniとの比較を交えてしっかりとレビューしていこう。

 なお、名称が同じなので分かりづらいが、1つ前のモデルを「旧Nexus 7」や「旧モデル」と記載する。

 改めておさらいしておくが、Nexus 7は7型の液晶を採用するAndroidタブレットだ。最近は価格が安い7型モデルの人気が高く、各社から発売されている。

 旧Nexus 7は割安感のある価格で人気を博したのだが、新Nexus 7は大幅に値上がりしている。下記の価格は発売時の比較だが、16GBモデルで比較すると、8000円も高くなっている。なんと、4割程度の価格アップなのだ。

 また、2万円を切っていた旧モデルに比べると、価格的なインパクトも薄い。より手軽に買えるのは旧モデルであり、Androidタブレットを普及させる一翼を担ったことは間違いない。

 なお、新モデルには、通信回線を内蔵できるLTEモデルが登場する。

モデル16GBモデル32GBモデル32GB+LTEモデル
旧Nexus 71万9800円2万4800円なし
新Nexus 72万7800円3万3800円3万9800円

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら