「ICカード乗車券」とは、鉄道やバスなどの公共交通機関を利用する際、運賃を支払えるICカードのこと。2013年3月23日、鉄道会社などが発行する10種類の「ICカード乗車券」で、全国相互利用サービスが始まる。対象となるのは、「Kitaca」(JR北海道)、「PASMO」(パスモ)、「Suica」(JR東日本)、「manaca」(名古屋交通開発機構およびエムアイシー)、「TOICA」(JR東海)、「PiTaPa」(スルッとKANSAI)、「ICOCA」(JR西日本)、「はやかけん」(福岡市交通局)、「nimoca」(ニモカ)、「SUGOCA」(JR九州)。

 相互利用が始まると、1枚の「ICカード乗車券」で、各エリア内の公共交通機関を利用できるようになる。例えば、JR東海の「TOICA」を使って、「東京~新宿」(Suicaエリア)や「大阪~三ノ宮」(ICOCAエリア)というエリア内で乗り降りできるのだ。また、各「ICカード乗車券」加盟店で、電子マネーを使ったショッピングも楽しめる(「PiTaPa」を除く)。

 ただし、2013年3月23日時点では、JRグループ会社間をまたがる乗車には非対応となっている。例えば、「東京~名古屋」(SuicaエリアとTOICAエリア)というように、異なるエリアで乗車する場合は、あらかじめ全乗車区間の切符を購入しなければならない。サービス開始当初は、あくまでも、いずれか1つのエリア内で完結する乗車に限定されるというのだ。今後の改善が待ち望まれるだろう。

 ちなみに、「ICカード乗車券」と言えば、ice-mixオリジナルのパスケースを販売しているのでご紹介しよう。ラインアップは、「出席簿 パスケース」「ドキュメント パスケース」「非常口 パスケース」「畳 パスケース」「カセット パスケース」「基盤 パスケース」「カバのカバー パスケース」「内服薬 パスケース」など、ユニークなものばかり。同社サイトには、まだまだユーモアに溢れたパスケースが並んでいるので、興味がある人はチェックしてみよう。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

▲ice-mixが提供するオリジナルのパスケース。写真は「出席簿 パスケース」と「ドキュメント パスケース」だ。

さて、次回のキーワードは……【デジタルデトックス(最終回)】

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら