パシャパシャ撮ってアップロード! えっ、これだけ?

ものづくりが、普通の人々の間でブームの兆し。そんな動きを受け、3Dを簡単に扱える支援ツールが登場している。オートデスク社の「123D」シリーズは、その筆頭だ。
 同社はもともと設計や3D画像作成などのプロ向けグラフィックスソフトで知られている会社だが、「123D」シリーズは一般ユーザー向けに、専門知識がなくても3D画像を作成できるように作られており、無料で利用できる。何よりこのシリーズは、基本的にクラウド上で動作するソフトウエアという点が新しい。

 公開されているのは、「123Dデザイン」「同スカルプト」「同メーク」「同キャッチ」の4つ(図1)。この中でも特に手軽に使えるのが、「123Dキャッチ」(以下キャッチ)だ。

【クラウドで動くお手軽3Dソフト】
図1 プロ用の設計や3Dソフトで有名なオートデスク社が提供する「123D」は、誰でも手軽に3D画像を作成することができるクラウドサービスだ。今のところは、「123Dデザイン」「同キャッチ]「同スカルプト」「同メーク」の4つが提供されている
[画像のクリックで拡大表示]

 キャッチは、デジタルカメラに収めた二次元の画像をつなぎ合わせて、三次元データに仕立て上げてくれるソフト(図2)。3Dにしたい被写体を、前後上下左右さまざまな角度から撮影する。この画像をサーバーにアップすると、サーバー側のプログラムが表面の凹凸や色などを認識し、同じ箇所を結び付けて3次元モデルを作り上げる。被写体はオブジェでもいいし、人物、室内、風景でもいい。まるで魔法のようだが、さっき撮影したものがほんの数分後に3D化されてディスプレイに表示されるのは驚きだ。このデータを使って、さらに複雑な画像に加工することもできる。

【デジカメで撮影した2D画像を元に3Dモデルを作成する】
図2 中でもお薦めは「123Dキャッチ」。3D化したい被写体を前後上下左右あらゆるアングルから撮影する(1)。
[画像のクリックで拡大表示]

これを専用ソフトを介してサーバーにアップロード(2)。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら