教育の情報化はさまざまな形で進んでいるが、その進度には地域差も存在する。自治体の方針の違いが、公立学校の格差を生んでいる。

 そこで本誌は、全国の公立小中高等学校の情報化進展度を比較する「公立学校情報化ランキング2012」をまとめた。ランキングの発表は今回で5回目。文部科学省が全国の公立学校を対象に実施する「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」の結果を基に算出した。データは、2012年3月1日時点のもの。

 評価項目は、「インフラ整備」と「教員指導力」の2つ。前者はパソコンやネットワークなどの環境整備の進み具合を示す。教員のICTの授業への活用力や、情報モラルの指導力などを示すのが後者だ。小中学校は市区町村単位、高等学校は都道府県単位で結果を算出した。

 三重県伊賀市は、前年に続き、小、中学校の両方で首位。三重県は教員向けの研修を充実させるなど、教員指導力向上に力を入れる。

 小学校2位の高知県南国市は、前年の175位(小学校が5校以上の自治体での順位。全体での順位は267位)から大幅に順位を上げた。国の支援を受けながら、インフラ整備を進めた。総務省からの交付金により市内に光ファイバー網が整備されたことを機に、全校に光ファイバー環境を整備。また同省による「地域雇用創造ICT 絆プロジェクト」にも採択され、市内の小学校でタブレット活用などの実践研究を実施した。「2011年度末にはタブレットなどの全校への導入を決定し、整備を進めている」(同市教育委員会事務局学校教育課の安岡裕高指導主事)という。

 調査対象の全ての自治体のスコアと順位は、Webサイト「教育とICT Online」(http://pc.nikkeibp.co.jp/education/)の公立学校情報化ランキング2012に掲載している。

●ランキングの上位に入った自治体
[画像のクリックで拡大表示]

●ランキングの評価項目と算出方法
[画像のクリックで拡大表示]

[算出方法] 文部科学省の調査「学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果」から、左記項目のデータを利用。調査データは2012年3月1日時点。「インフラ整備」は、7項目の達成度を基に算出した。「教員指導力」は、各項目に関する質問(合計18問)に対して「わりにできる」「ややできる」と回答した教員の割合の平均値を算出した。各市区町村の教員指導力は、公開されている都道府県単位のデータから算出した。インフラ整備、教員指導力の平均値を「総合」スコアとし、この値から順位を出した。高等学校のスコアは、都道府県内の全ての公立学校のデータを基に算出した。小学校・中学校の順位の算出に当たっては、学校を設立・運営している学校組合・都府県なども自治体としてカウントしている。ランキング対象の自治体の数は、小学校が1748、中学校が1779、高等学校が47。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら