ネット通販の2強と呼ばれるアマゾンと楽天。まず両サービスの違いを見ながら、最新のネット通販サービスについて理解を深めよう。どちらも大型のサービスだが、アマゾンはセンター配送が中心、楽天は加盟店が集まるモール型という成り立ちの違いがあり、それがサービスの差につながっている。

 例えば商品の品ぞろえ。アマゾンは約5000万種の商品を扱い、何でも見つかる印象がある。実は楽天の方が、旅行や金融商品などグループ内で扱う商品が多彩で、商品登録数は1億点となる(表1)。もっとも、国内大手の通販サイトでも数十万点の品ぞろえであることと比べれば、どちらも飛び抜けて多い。

【2大ネット通販、アマゾンと楽天はどこが違う?】
表1 アマゾンは早くて無料の配送が最大の魅力。統一された見やすい商品紹介画面も好評だ。楽天は旅行、金融商品などアマゾンにない商品ジャンルを持ち、豊富な品ぞろえが売り物。楽天カードを作れば、割の良いポイント制度を活用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 気になる価格は、既存の一般的な専門店と比べればどちらも安く、問屋で買うような感覚を味わえる。どちらが安いかは商品によるが、最低価格を探しやすいのはアマゾンだ。新品の場合、商品名で検索すればすぐに最低価格が表示されるので分かりやすい。

 一方、第2の通貨と呼ばれる、ポイントのたまりやすさで楽しめるのは楽天だ。同社が発行する「楽天カード」を使って楽天市場でクレジット決済すると、「楽天スーパーポイント」が購入額の2%付く。楽天以外の決済でもポイントが1%付き、楽天での買い物に使える。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら