魅力的な新機種が次から次へと登場するスマートフォン。でも「お金がかかりそう」といった理由で二の足を踏んでいる方も多いのでは?実は購入のタイミングをうまく選べばお得に買えます。この記事では、安く買うノウハウから料金プラン、機種の選び方まで詳しく解説します。

[画像のクリックで拡大表示]

[注]スマートフォン購入時に残りの端末代金を一括で支払わずに、スマートフォン購入後も引き続き携帯電話の端末の残額を月払いで支払える場合もあります

 まずは上図を見てください。スマートフォンがお得に買える最良のタイミングがわかるチャートです。

 最初に欲しい機種を選びます。その機種が現在契約している携帯電話会社の製品かどうかで、「機種変更」か「MNP」かが決まります。

 機種変更なら、今使っている携帯電話の端末の代金の支払いが完了しているかを確認。完了していれば、ほぼスマートフォンの購入代金しかかかりません。

 MNPでは、端末の代金に加えて基本プランの契約期間の確認も必要です。基本プランとは、携帯電話会社によって名称は違いますが、その料金は毎月定額で支払っています。しかも、通常2年間という長期契約を前提とすることで、月額980円など格安になっています。このため、契約の途中で解約すると契約解除料(違約金)が発生します。MNPでお得に買うには、端末の代金や契約解除料などをしっかり調べることが大切。次ページでは、MNPで得するためのノウハウを見ていきます。

≪目次≫
MNPの利点と欠点を理解する
スマートフォンにすると毎月の料金はどうなる?
お薦めスマートフォン

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら