7月9日までにDNS Changer感染をチェックしておこう

 グーグルは2012年5月22日、「DNS Changer」と呼ばれるウイルスに感染しているパソコンに警告のメッセージを表示するとブログで発表した。このウイルスに感染しているパソコンは、7月9日以降、正常にインターネットが利用できなくなる。

表示予定の警告メッセージ(同社ブログより引用)。
[画像のクリックで拡大表示]

 DNS Changerは、パソコンが不正なDNSサーバーを参照するように設定を変更するウイルスで、世界400万台が感染した。DNSサーバーは、URLやメールアドレスに含まれるドメイン名からIPアドレスを調べるために利用する。不正なDNSサーバーをパソコンが参照すると、本来のWebサイトではなく不正なWebサイトなどに誘導される。

 2011年11月に米国連邦捜査局(FBI)が不正なDNSサーバーを差し押さえ、正しい動きをするDNSサーバーに置き換えて暫定的に運営していた。というのも、このDNSサーバーの運用を止めるとDNS Changerに感染しているパソコンはインターネットを利用できなくなるからだ。現在でも世界中で35万台の感染パソコンが存在している。

 この暫定的なDNSサーバーの運用は7月9日に終了する。このため、DNS Changerに感染しているパソコンに注意を促す必要が生じたことがグーグルの対応の背景にある。

 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)も同日、DNS Changerに感染しているかどうかを調べるためのWebサイト「DNS Changer マルウエア感染確認サイト」を公開した。7月9日まで運営される。

 JPCERT/CCは、この機会に同サイトをアクセスし、DNS Changer感染の有無を確認し、感染している場合は対策することを勧めている。対策については、「DNS Changer マルウエア感染確認サイト公開のお知らせ」の「III. 対策」に示されている。

「DNS Changer マルウエア感染確認サイト」で問題がない場合の表示。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら