街を歩きながらスマートフォンをチェックすると、無線LANのアクセスポイント(AP)を検知する機会が増えている。携帯電話事業者が、逼迫する3G回線からデータ通信をオフロード(分散)すべく、公衆無線LANのAPを大量に新設しているためだ(図1)。ユーザーにとっては歓迎すべきことに思えるが、実は無線LANの通信環境は急速に“汚れて”いる。

 背景にあるのは、無線LANで主に使われている2.4GHz帯の混雑だ。スマートフォンをはじめ、多くの無線LAN対応機器はIEEE 802.11b/g/n方式に対応している。2.4GHz帯の電波を14チャンネルに分けて通信に使うが、各チャンネルの周波数は重なっているため、安定的に通信できるのは実質3チャンネル分しかない。これに対し、都市部ではAPやモバイルルーターなどで数十局の親機が検出される場合すらある(図2)

●公衆無線LANのアクセスポイントが急増
図1 東京都心の大型書店に携帯電話事業者などが設置した公衆無線LANのアクセスポイント(AP)。スマートフォンの普及に伴い混雑が激しい3G回線の代替として急ピッチで整備されている。場所によってはAPが乱立し、都市部では無数のAPが見つかる
[画像のクリックで拡大表示]

●“使えない”無線LANが増えている理由
図2 多くの無線LANが使う2.4GHz帯の電波は、無線LAN以外の電波も含めて自由に使える周波数帯。最近は利用機器が増えており干渉の可能性も増している。公衆無線LANでは、APから基幹網への「バックホール回線」が細いなどの原因もある
[画像のクリックで拡大表示]

 無線LANには、同一の周波数で通信しているほかの無線LANの電波を検出し、空くのを待ってから通信を始める「CSMA/CA」という干渉回避技術がある。このため完全な通信不能にはならないが、待ち時間の発生により通信速度は低下する。また、2.4GHz帯は電子レンジやコードレス電話など無線LAN以外の電波も利用しており、これらとの干渉も通信速度の低下につながる。「『ある時期から急に無線LANがつながらなくなった』とユーザーから問い合わせがあり、調べたところ、その時期に購入した無線対応のオーディオ機器が原因だった」(NECアクセステクニカ)というケースがある。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら