いま何をしているかといった近況や、気になったニュース、写真や動画などを共有して交流するソーシャルメディアが人気だ。特に東日本大震災以降、ユーザー数は大きく伸びている。Googleも本格的に参入し、mixiが企業アカウントを作る機能を追加したりなど、ますます勢いを増している。

 そして、新たに注目を集めているのが、ソーシャルメディアと連携して、自分が今どこにいるかを共有する位置情報サービスだ。
 
 ソーシャルメディアの普及には、iPhoneなどのスマートフォンの躍進も一役買っている。その、スマートフォンに搭載されたGPS機能を利用した、スマートフォンならではのサービスが面白い。

 代表的なのは「4sq」とも略される、「foursquare(フォースクエア)」というサービス。iPhoneなどのスマートフォンで専用のアプリを立ち上げると、GPS機能で現在地を認識し、周辺のお店やスポットなどをリストアップしてくれる。その中から自分が今いる場所を選択し、投稿(チェックインという)するというものだ。
 

「foursquare(フォースクエア)」のトップ画面。Webサイトからチェックインの履歴を見ることはできるが、チェックインするには、iPhoneやAndroidなどのスマートフォン用のアプリを使う必要がある。
[画像のクリックで拡大表示]

 投稿の際には、一言付け加えたり、写真を添付することもでき、相互認証を行った「フレンズ」に知らされることになる。アプリでは、自分のフレンズがどこに居るかを一覧する他に、メールでも通知される。TwitterやFacebookにも同時に投稿されるので、すでにTwitterやFacebookを利用していればすぐにでも楽しむことができる。

 「自分の居場所」を共有することで親しい友達とコミュニケーションを取るためのサービスであるfoursquareだが、早くからリアル店舗と連動した試みが行われ、Web上では収まらない、リアルな楽しみも生まれてきている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら